上手に活用して”快適”マネーライフ! 『お金の管理』便利ツール (12) お役立ち機能満載でお金が”どんどん”たまる!? 『たまる家計簿』

写真拡大

ネットで使える資金管理ツールをご紹介する連載コラム「上手に活用して”快適”マネーライフ! 『お金の管理』便利ツール」。

第12回では、オンライン家計簿『たまる家計簿』を取り上げます。

「たまる家計簿」は、完全無料で、いつでもどこでも手軽に利用することができるオンライン家計簿です。

家計簿機能だけでなく、ブログ機能やSNS機能など楽しい機能も充実。

三日坊主の人でも飽きることなく続けられるようになっています。

また、Yahoo! JAPANをはじめ、mixiやGoogle、はてな、NTT IDなど、各種OpenIDに対応しており、各サイトのユーザーは、会員登録を行わなくても「たまる家計簿」を始めることができます。

IDとパスワードを新規に作成する必要がなく、入会の手間も省けるのでとても便利です。

使い方は簡単。

まず会員登録を行うか、自分が利用しているOpenIDでログインします。

会員登録(ログイン)した段階で基本的な初期設定は自動作成されるため、すぐに利用することが可能です。

さらに、「パソコンからの入力」「携帯電話・スマートフォンからの入力」「メールを送信して登録」に対応しているのが特徴で、自宅だけでなく買い物したその場で家計簿をつけることができます。

家計簿の基本的な入力は「明細」から行います。

入力方法は、「毎日の明細入力」「明細入力(まとめて入力)」「レシート入力」の3つ。

最初に説明する「毎日の明細入力」は、日付から家計簿をつける機能です。

この「毎日の明細入力」ページにて「新しい明細を追加する」をクリックすると、入力画面が表示されます。

ここで「金額」や「支出の種類」「支出先」といった項目を1件ずつ入力していきましょう。

各項目は、デフォルトでは一般的に使用される費目が登録された状態ですが、もっと細かく管理したい場合やおおまかでいい場合などには、「my費目」ページにて費目の追加・削除が行えます。

また、「支出先」項目については、「支出先設定」ページにてよく利用する店舗や会社などを登録することができるので、特定の支出先で無駄遣いをしていないかチェックすることも可能です。

1件ずつ入力するのは面倒という人には、「明細入力(まとめて入力)」機能がお勧め。

この機能では1ページ当たり10件の収支情報をまとめて入力することが可能です。

財布の中にレシートが貯まっているというような人なら、「レシート入力」機能を使えばいいでしょう。

これはレシートをそのまま入力する機能で、溜まったレシートを処分して財布の中をすっきりさせることができますよ。

「メールを送信して登録」する場合には、明細と一緒に写真を登録する「シャ明細」機能 の利用が可能です。

この機能は、旅行や買い物の記念に商品を撮影して家計簿と一緒に保管したり、レシートや領収書を撮影して保管するといった用途に利用できるというもの。

登録された写真は会員で共有され、コミュニケーションツールや節約の参考として使うことができます。

さて、最近はカードで毎日の買い物を済ませる人も多くなっているようですが、そんな人にうってつけの機能が「カード管理」機能です。

クレジットカードを登録すると、自動的にカードの引き落し明細が作成され、その後、引き落し明細を見ながら、実際に送付されてきた引き落し予定と合わせて、実際に引き落とされた明細を「引き落し登録」を行うようになっています。

カードは複数枚の登録が可能です。

登録情報はグラフ化され、一目でチェックすることができるのも便利。

グラフの種類は、「毎月の支出内訳」「毎月の収入内訳」「資産の推移」「支出の推移」などで、パソコンだけでなく携帯電話から見ることもできます。