メルセデス・ベンツ「SL 65 AMG」発売 - 従来モデルより約170kg軽量化達成

写真拡大

メルセデス・ベンツ日本はこのほど、「新型SL」の最上級モデルとなる「SL 65 AMG」を発売した。

AMG 6.0リットルV型12気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は630PS。

フルアルミニウムボディにより従来モデルより170kg軽量化している。

搭載されるエンジンは新設計のターボチャージャー、燃焼システム、吸排気システムを採用したAMG 6.0リットルV型12気筒ツインターボエンジン。

最高出力は630PSで従来のエンジンより18PSパワーアップしながら、従来モデルよりも燃費が17%もアップしている。

この燃費向上にはAMGスピードシフトプラス 7G-TRONICや、12気筒エンジンモデルに初めて採用されたアイドリングストップ機能も貢献している。

ボディは他の「新型SL」と同じフルアルミニウムボディシェルを採用。

「SL 63 AMG」と同じカーボンコンポジット素材もトランクリッドなどに使用しており、従来モデルと比べ約170kgもの軽量化を達成した。

エンジンパワーの増大と合わせ、走りのパフォーマンスが大幅に向上していることが想像できる。

装備も最上級モデルにふさわしく、スイッチ操作でクリアモードとダークモードを切り替えられる「マジックスカイコントロールパノラミックバリオルーフ」、5つのレーダーセンサーと1つのカメラで障害物との衝突を防ぐ予防安全システム「レーダーセーフティパッケージ」を標準装備している。

ステアリングは左のみの設定で、価格は3,050万円。