JR鶴見駅の新駅ビル「シァル鶴見」11/1開業 - 本格茶室の「禅カフェ」も!

写真拡大

JR東日本はこのほど、鶴見駅(京浜東北線・鶴見線)の新駅ビル「シァル鶴見」を11月1日に開業すると発表した。

「心通いあうくつろぎの我が家」をコンセプトに、物販や飲食店など71店が入居。

世界的庭園デザイナーであり、450年の歴史を持つ建功寺の住職でもある枡野俊明氏プロデュースによる「禅カフェ」や、枯山水を作庭した屋上庭園などを設け、館内各所に日本文化と禅を表現する。

同ビルの1・2階は食料品売り場、3・4階は衣料品と雑貨、5階は大型書店や携帯キャリアショップなど、6階はレストランフロアとなる。

屋上は、「月白く、風清し」をテーマとした庭園。

築山や自然石、さらに枯山水が織り成す静かな休憩スペースとする。

季節によってはイベントスペースとしても活用するという。

注目は5階に設けられる禅カフェ「坐月 一葉」。

日本を代表する名工の手による本格的な四畳半の茶室を備えており、落ち着いた空間の中で喫茶を楽しむことができる。

なお、来年には6階に駅型保育園も開園する予定だ。

「シァル鶴見」は地下1階、地上6階建てで、延床面積は約1万4,300平方メートル、店舗面積約5,600平方メートル。

営業時間は10:00〜21:00(6F飲食店は11:00〜22:30)。

横浜ステーションビルが運営に当たる。