(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●左慈、曹操軍の軍師となる!
曹操への謀反を撃退した左慈は曹操軍の軍師として招き入れられます。その宴席での一エピソード。

曹操の側近が「竜の肝」が食べたいので持ってきて欲しいと左慈に言うと、彼は竜の絵を描いてそれを実体化させて見事に竜の肝を出します。また冬に牡丹の花が見たいと言うとすぐに牡丹の花を出します。

※左慈の妖術は驚くべきものですが仲達はかなり警戒しているようです。

その左慈の予言は

左慈「名将が一人死に、戦局は大きく変わる。」

名将の詳細は判りませんが、それが劉備軍の孔明や張飛等であれば勝利は確実。そこで曹操軍は劉備軍で戦争を仕掛けます。
●漢中攻防戦!
曹操軍の先陣は夏侯淵を総大将とする20万の大軍。対する劉備軍は張飛。そこで張飛は左慈の予言を聞くと、陣中で酒宴を開きます。

実はこれは張飛の智略。隙を突こうとしていた曹操軍の張郃は張飛に返り討に遭って大打撃を受けてしまいます。

これには曹操軍も曹操自らの出陣を余儀無くされます。
●劉備の母の死
劉備が自ら漢中へ出陣をすることになったとき、劉備の母は病に伏せっており目も見えない状態。しかし美芳に介添えられて劉備の出陣を見送ります。

※その後、劉備の母は阿斗(後の劉禅)が到着すると安心したように大往生します。
●夏侯淵の死
曹操の本陣が到着する前に夏侯淵を討ち取りたい、そう考えた孔明は主力を集結させて夏侯淵を討ち取る事に成功します。

劉備軍の名将は名を捨て一兵卒としてこの戦いに挑んだ事が勝利を呼んだとも言えます。

そして、名将の死、その名将は夏侯淵だったのです。

曹操軍にいた左慈、もちろん曹操から夏侯淵の死を知っていて止めなかった事を問われます。天下を取ろうと野心を持った左慈に対して別の仙人である管輅が咎めることで、左慈は曹操の元を立ち去ります。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【ドラマ】「人形劇 三国志」第52話「許昌炎上」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第51話「怪物登場」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第50話「曹操の野心」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第49話「関羽危うし!」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第48話「葭萌関の決闘」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第47話「龐統の仇を討て!」
▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト