向後の7日株!:市場変更申請で人気化!業績好調・伸びしろ◎なネット広告株(249X)
7日以内に株価が沸騰しそうな株を毎日1銘柄ズバリ! 業績サプライズ系、株価出遅れ系、さらに思惑系も…さあ、チェック!!

バリューコマース(2491)が今日の注目銘柄!

全体相場が調整色を強める中、8月22日に、東証マザーズから市場第一部への市場変更の申請を行った同社に注目します。同社はECサイトを対象とした成果報酬型広告「アフィリエイトマーケティングサービス」とオンラインモールに出店するストア向けの検索連動型広告「ストアマッチサービス」を提供しています。

同社の申請が東証の承認を受けられるかどうか、またいつ承認を受けられるかは不確定であり、市場変更が認められない可能性があります。しかし、この申請自体をポジティブに評価します。なぜなら、万が一、東証に認められなくとも、市場変更に意欲的な経営陣の姿勢は高く評価できると考えるからです。

もちろん、上場市場の変更が認められれば、同社の社会的な認知度、信用力をさらに高めることで事業活動の加速が期待できます。また、株式の流動性の向上も見込めます。この結果、同社の株価上昇につながることでしょう。

ところで、足元業績は好調です。12年12月期通期連結業績予想は、売上高は90億5000万円(前期比16.2%増)、営業利益は8億8500万円(同16.5%増)、経常利益は10億1500万円(同21.9%増)、当期純利益は6億円(同35.2%増)、1株当たり当期純利益は3158.18円と、2桁増収・増益の見通しです。なお、第2四半期連結累計期間では、アフィリエイトマーケティングサービス事業では、主に金融分野の成果型広告出稿が堅調でした。

株価は市場変更申請後、人気化しています。25日移動平均ベースのボリンジャバンドがエクスパンションを実現し、上昇トレンドが発生しています。目先は+2σ(30日現在、28882円)をサポートにした上昇が続くとみています。そして、いずれ、この+2σを割り込み、+1σ(同、26939円)と+2σとの間でバンドウォークに移行する展開がメインシナリオです。

なお、8月23日と24日とで窓(26600円〜27550円)を空けていますので、当面の押し目メドは、この窓埋めの26600円とみています。一方、5月11日の週の31100円を上抜けたら、スケールの大きい上昇トレンドが発生する可能性が高いと考えています。

向後はるみ(HARUMI KOUGO )
黒岩アセットマネジメント

金融・経済を日々研究し、タイムリーな銘柄情報に定評がある。投信、先物、FXなど金融商品の仕組みにも詳しい。テクニカルアナリスト、ファイナンシャルプランナー。