牛乳+酸味なのに固まらない!? 奇妙なコラボ商品″レモン牛乳″の謎

写真拡大

ここ数年、テレビ番組でもしばしばフィーチャーされているレモン牛乳(販売名=関東・栃木レモン、通称=レモン牛乳)。

栃木を代表する餃子、とちおとめを追随する勢いなのでは? そもそも、なぜ牛乳にレモンをいれようと思ったのか。

味のイメージができないのだが......。

その謎を解明すべく、レモン牛乳を販売している栃木乳業に突撃調査。

戦後、宇都宮市にあった関東牛乳が、「関東レモン牛乳」の名称で販売を開始したのが"レモン牛乳"のはじまり。

当時は甘いものが大変貴重だったため、運動会などの特別な日に配布されることが多く、子どもたちに大人気だったのだとか。

また、「なぜレモンなのか」という疑問に関しては、はっきりとしたことは分からない模様。

しかしながら栃木乳業ウェブサイト上に抜粋掲載されている2008年付けの日経新聞記事によると、「当時のはやりだったフルーツ牛乳のひとつとして、レモンを選んだのではないか」との説が有力のよう。

その後、2004年に関東牛乳は後継者不足などの問題で廃業。

「関東レモン牛乳」が市場から消えることを惜しむ人々の声に応えるべく、栃木乳業が製法を受け継いで販売している。

現在では、「関東・栃木レモン」という名称で販売するが、レモン果汁は入っておらず無果汁。

栃木県産の牛乳に砂糖を足して甘みをつけ、レモン香料を加えているのだそう。

県内ではスーパーやコンビニエンスストアおよびサービスエリア、道の駅、JR駅などで販売されているレモン牛乳。

なんと、毎日飲んでいるヘビーユーザーもいるのだとか。

栃木では運動会などのイベントで提供されることも多いので、栃木県民にとってはきっと、「子どものころから親しみのある味」なのだろう。

年配の方からお子さんまで老若男女問わず、60年以上飲み継がれているようだ。

「レモン牛乳って、初めて飲んだ方でも、どこか懐かしい味だと感じられるようです。

のどごしのよい乳飲料で、原材料も上質のものを使用しているから飲み飽きることもないですし。

それと、パッケージのデザインも魅力のひとつなのではないでしょうか」と栃木乳業の社員さん。

3〜4年前にB級グルメブームが起こり、テレビ・雑誌・新聞などでも取り上げられるようになった。

それをきっかけにして、一気に全国区にその名を知られるようになったようだ。

以来、問い合わせ件数も増加し、ネット注文も多数入るようになったのだとか。

全国からの注文をみると、客の年齢層は幅広く、男女ともに購入しているという。

やっぱりみんな、レモンと牛乳の未知なる出合いがいかなるものかを、自分の舌で確かめてみたいようだ。

ところで、栃木の果物といえばやはりイチゴ! 甘〜いとちおとめがたっぷり入った乳製品も飲んでみたい! という方にオススメなのが、栃木乳業が販売している「蔵の街のむ苺ヨーグルト」。

生産量日本一の栃木県産イチゴを使ったこの製品は、濃厚な味とイチゴの甘い風味を楽しめる逸品。

ウェブサイトからも購入できるので、気になる方はぜひ注文を。

最後に、栃木乳業の皆さんに、栃木の魅力について尋ねてみた。

「栃木市は江戸時代から栄えた商人の街で、巴波(うずま)川を泳ぐコイと蔵の街並みは心安ませてくれますよ。

また、太平山(おおひらさん)は桜だけでなく、つつじやあじさいなど四季を通じて様々な季節の花を楽しめます。

少し足を伸ばすと、日光・鬼怒川(きぬがわ)・那須(なす)と観光地が多数あるのもいいですよね」次の休みにはレモン牛乳を片手に、豊かな自然に恵まれた栃木を散策してみるのもおススメだ。