LIXIL、高松に最新の環境配慮型ショールームをオープン

写真拡大

住まいと暮らしの総合住生活企業であるLIXILは8月31日、香川県高松市に「LIXILショールーム高松」を新設オープンする。

約1,000平方メートルと住設メーカーでは香川県内最大級の展示面積を持ち、総合住生活企業としての情報発信拠点として、LIXILグループの住まいに関する商品・サービスを提供していくという。

同社ショールームとして四国エリアで初めて、館内で消費する電力の一部に、屋上に設置したソーラーパネルで発電した電力を利用。

建物全体の省エネ化を目指した環境配慮型ショールームとなっている。

また、家づくりのイメージを膨らませやすいよう、実際に住んでいるような感覚で、商品を確認できる空間展示を充実させている。

長い日照時間を持つ同県の特性に合わせ、ソーラーパネルを使った最新の住まいづくりを提案。

屋外展示のカーポートに設置したソーラーパネルなども見ることができる。

さらに、屋外には約250平方メートルものスペースが用意されている。



続きを読む