セイコーウオッチ「グランドセイコー」から強化耐磁モデル4機種、11/9発売

写真拡大

セイコーウオッチは、国産腕時計を代表する高級ウオッチブランド「グランドセイコー」から、従来品より耐磁性能をクオーツで約8倍、メカニカル(機械式)で約16倍と飛躍的に高め、あらゆる場面で本来の性能を維持できる強化耐磁モデル4機種を発売する。

「グランドセイコー」は1960年の誕生以来、高い時間精度・見やすさ・使いやすさ・耐久性といった腕時計本来の在り方を追求し、長期間愛用できる高級ウオッチとしてゆるまぬ進歩を重ねてきたブランド。

「メカニカル」「クオーツ」に加え、双方の技術・技能の蓄積を融合した独自の機構「スプリングドライブ」の3つの機構からなるコレクションは、2010年から本格的にグローバル展開を開始し、世界で高い評価を得ている。

このたび発売する4機種は、高い磁気にさらされる特殊な環境下で働く技術者をはじめ、パソコンや携帯電話など電子機器の利用が日常化した現代のビジネスマンへ向けて開発されたもの。

クオーツ2機種では、日常生活において磁界を発生する機器に5cmまで、メカニカル2機種では1cmまで近づけても、ほとんどの場合性能を維持できる耐磁性能を実現した。

クオーツモデルは31万5,000円、メカニカルモデルは52万5,000円で、11月9日発売。