ハリー王子の一連の騒動に揺れる英王室。ですが今回はあえて、エリザベス女王の近況をご紹介します。

我々が思っているよりも、はるかにクールなエリザベス女王。コーギー犬を飼っているし、ロンドン五輪の開会式ではジェームズ・ボンドとヘリコプターからパラシュートで降下した(みたいなもの)だし、"イケてる女友達"と出かけたりもする。

さらに先週末には、毎年夏に訪れるスコットランド・バルモラル城近くで、英国王室の御用達でもあるレンジローバーを運転。ライチョウ狩りの帰りだったとか。またここでは、トレードマークの花があしらわれた帽子ではなく、グレーのフードをかぶっている。ちなみにバルモラル城では最近、女王のコーギーがベアトリス王女のノーフォーク・テリアの耳をかみちぎった事件があったばかり...。

現在86歳のエリザベス女王は、普段は運転手付きのベントレーで行動するという。そのため今回の姿はかなり珍しいかもしれない。しかもフードをかぶった姿というのは。そんな女王の変遷はこちらのフォトギャラリーからどうぞ。

フードをかぶり、車を運転するエリザベス女王