ヌード騒動の現場となった豪華ホテルの値段はおいくら?ハリー王子のお給料って? 代表撮影/ロイター/アフロ

写真拡大

ハリー王子のヌード写真騒動のあと、事件(?)の舞台になったウィン・ホテルの部屋の豪華ぶりがイギリスで話題になっている。「ヌードはおいといて、あんないい部屋いくらするんだ」「税金から出たのか」...ごもっともな質問だ。(お答えします。)もし自費だったとしたら、ラスベガスで豪遊していたと報道された、ハリー王子の収入はどのくらいなのか。そして兄のウィリアム王子は?

まずはホテルの部屋から謎解きしてみよう。ウィン・ホテルでハリー王子が泊まっていた「部屋」は、8部屋つながっているVIPスイートルーム。専用エレベーター、ジャクジー、マッサージ台、エクササイズ機器、ビリヤード台などを完備している。普通だったら、1晩約8,000ドル(約63万円)する部屋だそうだ。

ホテルのお代は全部で5万ドルほど(約400万円)だったそうだが、ハリー王子が払ったのは...0ドル。ラスベガスでは、大のお得意様や、ホテルのステータスを上げるお客様の場合、部屋を無料(comp)にすることがある。そこでハリー王子の場合、オーナーで億万長者のスティーヴ・ウィン氏が、「全部、私持ちで」と無料にしたというわけ。

彼がラスベガスに行ったのはもともと、英国が展示物を提供した宝飾品の展覧会に出席するためでもあったが、ホテルで納税者にかかったお金 = 0ポンド。(怒った人も拍子抜けしたことだろう。)

ウィリアム王子とキャサリン妃も、いつも王室公務で様々なイベントに参加するため飛び回っているが、ウィリアム王子夫妻もハリー王子も、公務に対しては何も報酬はない。当然、かかる経費は王室/国家持ちで、住居費もタダだが。

王子2人のお給料は、そんなに変わっている額ではない。地理学の修士号も持っているウィリアム王子だが、王室の伝統に従い陸軍士官学校を経て、今は英国空軍大尉として救難援助部隊のヘリコプターのパイロットをしている。<Discovery Finance>によると、その仕事から彼が得る年俸は、6万1,300ドル(約480万円)。一方、英国陸軍大尉のハリー王子の年俸は、6万ドル(約470万円)ということだ。

ウィリアム王子とハリー王子の主な収入源は、彼らの亡き母、ダイアナ元皇太子妃の遺産。21歳になった時から、ダイアナ妃が遺した1,000万ドルの遺産の運用益(1年に45万ドル/約3,500万円ほど)を受け取っている。そして30歳になった時点で、そう選択すれば1,000万ドルの全額にアクセスしてもいいことになっているそうだ。(ウィリアム王子は、最近その時点に到達した。)

興味深いことに、2011年に行なわれたウィリアム王子とキャサリン妃のロイヤル・ウェディングの費用は、両家の私費でまかなわれたという。納税者が負担したのは、大がかりな警備にかかった費用だけだったとか。

実はあまり国民に負担をかけていなかったハリー王子。彼のヌードを支持して、自らも裸になり敬礼する人達が絶えないのも無理はない!?(下ビデオ)

<ネット上で今熱い?「ハリー王子のためにヌード敬礼」>
ネット上では、ハリー王子の軍隊の同胞がFacebook上で彼を支持するグループを立ち上げ、それが派生して一般に広がり、「ハリーのためにヌード敬礼(salute4harry.co.uk)」サイトもできたようです。みんなでやればこわくない連帯責任方式で、みんなヌードで敬礼!というこの運動、あまりに人気なので、チャリティーのためヌード敬礼をして寄付を募ることも検討中だとか。