福岡県でアジアを味わえる! アジア太平洋フェスティバル福岡開催

写真拡大

「アジア太平洋フェスティバル福岡2012」は9月14日(金)〜17日(月)の4日間で行われる。

会場は福岡市役所前ふれあい広場と博多口駅前広場。

イベントのコンセプトはアジア太平洋・九州屋台、アジア太平洋ステージ、アジア太平洋・九州プラザ、アジア太平洋・九州観光プロモーションの4つに分かれる。

アジア太平洋・九州屋台では、カンボジア、ベトナム、スリランカなどから出店が予定されている。

また、アジア太平洋の国々独特のビールがラインナップされるアジアンビアバーも出店。

さらに、アジアンエンターテイメントカフェバーが限定屋台を出店し、イタリアンテイストにアレンジされた韓国料理を味わえる。

アジア太平洋ステージではシンダウ・フィリピン芸術団がフィリピンの民族舞踊を披露。

また、台湾の花蓮県先住民原郷文化芸術団、ネパールのスンダリミカ、中国からは河北省雑技団の張海倫、韓国はMERIT、香港から黒龍舞術団、モンゴルからはドランが来日する。

日本からは民族音楽演奏家、若林忠宏がステージに立つ。

アジア太平洋・九州プラザでは各地の土産品、特産品などのマーケットが開催される。

ベトナム(ドラゴンバザール)、スリランカ(やずや)、パキスタン(SAJID)、ASEAN(アジョイン)、中国(中国茶葉公司)、タイ(モリエン)、インドネシア(相良矢工房)、韓国(キムチの達人)が出店の予定だ。

また、アジア太平洋・九州観光プロモーションではシンガポール政府観光局、韓国観光公社、在福岡カンボジア王国名誉領事館、フィリピン共和国観光省、マレーシア政府観光局、中国国家観光局、マカオ観光局、タイ国政府観光庁、台湾観光協会などの観光PRブースが博多口駅前広場に集結し、観光情報をアピールする。