9月5日開催、栃木県の「中禅寺湖スワンボートレース」は誰でも参加OK!!

写真拡大

中禅寺湖の恵みと安全を願い毎年行われている日光二荒山神社(栃木県日光市)の「水神祭」の奉賛行事「中禅寺湖スワンボートレース」が、今年も9月5日(水)に開催される。

1921年(大正10年)に、中禅寺湖の恵みと渡船の安全を祈り、神社浜鳥居の近くに「水神碑」を建立し、日光二荒山神社中宮祠が「水神祭」を挙行。

あわせて、ボートレース・ヨットレースを全国に先駆けて開催した。

これは数年続いたものの、その後途絶え、神事の「水神祭」だけが毎年執り行われてきた。

ところが、2007年(平成19年)に水神祭奉祝行事として湖上レースが復活。

手こぎのボートレースやヨットレースから形を変え、日本初の「スワンボートレース」となってのリスタートだった。

以来、誰でも楽しく参加できるとあって毎年盛況。

昨年は小雨にもかかわらず約200名が参加したほどだ。

「スワンボートレース」に使用されるのは、通常の貸しボートで安全性が高く、誰でも簡単にこげる2、3人乗りのペダル式スワンボート。

レースは全120隻を30隻ずつ4回に分けて行われる。

参加は、カップル、友人、親子、一人、いずれでもOK。

午前11時、係員のサイレンを合図に中禅寺湖サンセットピア(統合西桟橋)から第一陣がスタート。

距離は約300メートル。

湖上に停泊しているのぼりのボートを左回りに折り返して、スターと地点がゴールとなる。

といっても順位付けはせず、到着順にくじを引き、あたり札は二荒山神社中宮祠で賞品と交換。

記録をめざしてもよいし、のんびりと湖上からの眺めを堪能しながらのレースでもよいという、ユニークなレースだ。

賞品には地元ホテルのペア宿泊券、乾燥湯葉、さんしょううどん、ヒメマスの薫製、献穀米30キロなどが用意されている。

また、参加者全員には参加賞がプレゼントされる。

申し込みは当日直接に桟橋で受付。

参加料金はボート借り代としての1,000円のみとなっている。

アクセスは、車の場合、日光宇都宮有料道路清滝ICよりいろは坂を上がり約30分。

電車利用は、JR「東武日光」駅より、東武バス湯元温泉行約50分「二荒山神社前」下車。