漫画家の中野純子さんが死去、YJの「ちさ×ポン」「ヘタコイ」など。

写真拡大

今春まで「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載していた「ヘタコイ」などで知られる漫画家の中野純子さんが、7月28日に亡くなっていたことがわかった。享年45。ヤングジャンプの公式サイトおよび最新号に訃報が掲載されている。

訃報によると、中野さんは自宅で倒れ、7月28日午前4時55分に虚血性心疾患のため急逝。同誌は中野さんと新連載に向けての構想を固めようと準備している段階だったそうで、「仕事場には既に新しいパソコンを導入し、次回作からはデジタル作画にも挑戦」する予定だったという。

そして「学生時代に漫画家としてデビューされ、十分なキャリアがある今になってもなお、ご自身の漫画の新たな可能性を切り拓こうとしておられました。さぞ無念だったと思います。先生が志なかばにして逝かれたことを思うと、言葉もありません。先生が漫画を通して描かれた、恋愛観や人への愛情は、私たちの胸に確かに伝わっています。そして、いつまでも生きつづけていくでしょう」と追悼のコメントを寄せている。

中野さんは兵庫県神戸市出身。高校在学中の1984年に「月刊セブンティーン」(集英社)でデビューし、その後、「ヤングユー」(集英社)などでの執筆を経て、ヤングジャンプに活躍の場を移した。同誌では「B-SHOCK!」(1998〜1999年/全4巻)、「ちさ×ポン」(2001〜2005年/全8巻)、「ヘタコイ」(2007〜2012年/全10巻)を連載。ラブストーリーで人気を博した。