(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●曹操、魏王となり王宮を建造する!
曹操は実質的な権力者だったのですが、今回皇帝である「魏王」となりました。それを記念して許昌から少し離れた所に王宮を建造しますが…。

献帝の住む王宮と同程度の建造物であったため曹操はかなり不満の様子。王宮を建造した耿紀と韋晃は曹操の命にその場では従う意思を見せるものの少々不満の様子。

さて、曹操は程┐斑臙に自身の世継ぎについて問いかけたところ、曹操自身は三男の曹植を愛していたものの、

仲達「私はただ、袁紹と劉表の事を考えておりました。」

曹操は長男の曹丕を世継ぎと決める事にしました。

※袁紹・劉表とも自身の世継ぎを長男に決めなかったがゆえ国が滅びた経緯があります。
●韋晃、劉備に曹操暗殺を持ち掛ける!
曹操の側近である韋晃は魏王となった曹操を、祝典の最中に暗殺する計画を益州の劉備に持ち掛けます。しかし、劉備は他人の不幸に付け込んで暗殺する事を道理に背くとばかり断ります。

韋晃は劉備の仁徳を褒め称えるも、旧漢王室出身の耿紀と共に曹操暗殺計画を進めようにも戦力的に心細いわけです。そこに現れたのが左慈。幻術師である左慈には何か考えがあるようです。
●左慈、仲達を曹操暗殺計画に誘う!
馬にて移動中の仲達は大雨によって近くの小屋に雨宿りしようとします。すると小屋には左慈がいて、仲達に曹操暗殺を持ち掛けます。仲達も曹操に対しては色々と不満がある様子、左慈の言葉に心を動かされたようです。

そのため仲達は自ら曹操に正月から出兵をする事を進言します。

また、韋晃は江東の孫権と魯粛に曹操暗殺計画を持ち掛けるも表面上は援軍を約束し、実際は万が一の曹操暗殺が成功したときの漁夫の利を考えただけのようです。
●許昌炎上するも…
正月、仲達は町外れにて陣を構えます。すると許昌では耿紀と韋晃が曹操に対する謀反を起こし、王宮を炎上させます。

そこに現れた仲達軍は…。何と曹操を守るためにやってきましたのでした。もちろん仲達は最初から曹操を裏切る気は無く、左慈は曹操に計画を全て教えていたのです。

※なお、耿紀と韋晃は自害します。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【ドラマ】「人形劇 三国志」第51話「怪物登場」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第50話「曹操の野心」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第49話「関羽危うし!」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第48話「葭萌関の決闘」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第47話「龐統の仇を討て!」
▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト