ショップや企業の実態を調査レポート。あなたも「覆面調査士」になろう!

写真拡大

一般社団法人 覆面調査士認定機構はこのほど、”覆面調査士養成講座”を開講し、日本初の資格認定を行う。

近年特に企業の間で注目を集めている「覆面調査」。

客観的な視点から企業の営業活動を観察し、消費者目線の声を経営者に届けるという、経営者が欲する情報を洗い出すために効果的な手法だ。

2011年の調査では、月間6万店舗以上が覆面調査を導入しているとされる。

2006年の調査では月間3万5,000店舗程度だったので、5年間で約171%伸びていることが分かる。

その背景としては「企業倫理」「コンプライアンス」「危機管理」への注目があげられるという。

企業で何らかの事件が起こると、社会的に負のイメージを与え、経営上の大打撃となる。

特に最近は、口コミや内部告発によって窮地に追い込まれる企業も珍しくない。

このような背景に対し、コンプライアンスや消費者保護の見地から調査を行い、一定の評価基準に基づいた正確な「消費者の声」を届けることができる専門家が覆面調査士だ。

「覆面調査士養成講座」は、2カ月程度で修了する在宅講座。

受講資格は特になく、教本や資料集、DVD、問題集で自習を行う。

受講料は入会金2万円、認定手続き含む会費が5,000円(2年間有効)。

自習修了後、問題集の全問に回答・提出し、基準以上の得点を獲得できれば「覆面調査士」として認定される。

詳細は”覆面調査士養成講座”で。