京都の住民が街の魅力をガイド。「まいまい京都2012秋」開催!

写真拡大

まいまい京都実行委員会は9月1日〜12月9日、京都市内周辺全125コースで、まち歩きイベント「まいまい京都2012秋」を開催する。

うろうろするという京言葉「まいまい」を冠した「まいまい京都2012秋」は、地元住民がガイドをする、京都の街歩きイベント。

老舗店主、主婦、お坊さん、京町家大工の棟梁(とうりょう)、きのこライター、お風呂屋マニア、占い師、妖怪の子孫、植物園名誉園長など、バラエティーに富んだ総勢60人以上がガイドになって、各1.5〜3.0kmに設定された街歩きコースを、少人数で堪能するという興味深い企画だ。

このイベントは、2011年春よりスタート。

この秋で6度目の開催となる。

2012年春のイベントでの予約率は110%と大きな反響を呼び、京都府以外にも九州から北海道まで、のべ1,205名が参加した。

今回は、街歩きコースとして新たに66コースを追加。

京都の街の魅力を再発見できる企画を多数用意する。

実行委員会では、「すでに何度も京都を訪れている旅のベテランにとっても、京都が初めての人にとっても、地元住民によるガイドならではの発見と驚きと感動がたくさん待っているはず」としている。

参加費は1,500円から。

各コース6名〜15名で開催され、参加には予約が必要。

なお、先着順なので早めの予約が望ましい。

全125コースの概要やイベントの詳細は、「まいまい京都」で確認を。