鉄道娘も必見! トロッコに乗って北海道の廃線をたどる旅 - トップツアー

写真拡大

トップツアーはこのほど、北海道の道北を舞台に、すでに廃線となった鉄道路線をたどる旅「トップツアーCUTE『道北の失われた鉄道路線をたどる旅2泊3日』」を発売した。

申し込み締め切りは9月9日まで。

このツアーは、トップツアー社員の中でも自他共に認める”鉄道好き”なメンバーが作成。

トロッコ王国美深で日本一の赤字ローカル線だった、旧美幸線の線路をトロッコで走破するなど、鉄道ファンだからこそわかる「ツボ」を押さえたマニアックな2泊3日となっている。

今もなお多くの鉄道ファンに愛される旧美幸線、鉄橋や踏切などその当時のままのたたずまいをゆったり満喫できる。

行程内では、未成区間で使うことがなかった美幸線の橋梁や跨線端、サイクリングロードに転用された旧天北線の猿払川橋梁なども訪れるほか、1929年に開通し1971年に廃線となった「歌登町営軌道」のディーゼル機関車も見学できる。

また、ツアーの初日にはJRのOBによる講演を開催。

当時の苦労話の中に、鉄道ファン落涙もののエピソードが聞けるかもしれないという。

さらに「まんぷくサロベツ号乗車証」「稚内駅観光入場券」「懐かしのD型硬券記念乗車票」もプレゼントされる。

ツアー日程は、9月28日〜30日の2泊3日。

28日は15:08に札幌駅を出発し旭川へ。

29日は旭川から道北を巡り稚内へ。

30日は札幌駅に19:08着の予定。

2名1室時の旅行代金は3万8,000円。

東京から参加を希望する場合、羽田空港〜新千歳空港〜札幌の往復航空機・快速エアーポート乗車券オプションが3万円で利用できる。

その他、旅の詳細、参加申し込みは「道北の失われた鉄道路線をたどる旅 専用ページ」へ。