満足度81%! 利用者急増中のカーシェアリングの魅力とは? - タイムズ24

写真拡大

タイムズ24はカーシェアリングサービス「タイムズプラス」の会員5,616名を対象に、「カーシェアリングに関するアンケート」を実施。

アンケートは6月29日〜7月2日にかけて行われた。

最初にカーシェアリングの満足している点について調査。

利用者のうち81%がサービスに満足していると回答した。

具体的な点については、「必要な時だけ使えて無駄が無い」が79%と一番多かった。

続いて、駐車場代や燃料費など「維持費がかからない」が66%、「24時間いつでも使える」が52%と結果になった。

携帯電話や音楽配信同様に、使った分だけの支払いなど、気軽な利用が支持されているようだ。

続いて、カーシェアリングを利用するようになってからの行動変化について質問。

すると、「行動範囲が広がった」が47%、「外出頻度が高まった」が24%と、行動意欲の高まりが見受けられた。

さらに、「彼女・彼ができた」0.5%、友達、家族などと「会う機会が増えた」5%、「生活が豊かになった」14%など、絆の強化や幸福度の向上といった好循環が生まれている。

車の購入意欲についての質問では、カーシェアリング利用後では、10代から50代までの全ての年代で「購入意欲あり」がアップするという結果が出た。

特に「若者の車離れ」と言われる該当世代の10代〜20代において、「購入意欲あり」が49.9%(利用前)から86.2%(利用後)に大幅にアップするという、興味深い結果となった。