お盆期間中のロードサービス件数は、5日間で4万3,869件 - JAF

写真拡大

日本自動車連盟(以下JAF)は、このほど2012年のお盆期間(8月11日〜15日まで)に実施したロードサービス件数について発表した。

5日間の合計は、全国で4万3,869件(確定値)だった。

道路別に見ると、一般道が4万885件、高速道路が2,984件で、一般道におけるロードサービス件数の方が多かった。

依頼内容別の集計結果は、一般道では「バッテリー上がり」が最も多く、1万3,028件(構成比31.86%)。

続いて「タイヤのパンク」が4,711件(構成比11.67%)、「キー閉じこみ」が4,350件(構成比10.64%)だった。

高速道路における依頼内容のトップは「タイヤのパンク」で844件(構成比28,28%)。

続いて「燃料切れ」が354件(構成比11.86%)、「事故」が244件(構成比8.18%)だった。