Zoffの全フレームが勢ぞろい! 「Zoff Park Hakata」が九州最大級の旗艦店に

写真拡大

メガネショップ「Zoff(ゾフ)」は9月1日に、「Zoff Park キャナルシティ博多店」、通称「Zoff Park Hakata(ゾフ・パーク博多)」をリニューアルオープンする。

面積、品ぞろえともに九州最大規模を誇るフラッグシップショップとなる。

ゾフ・パーク博多のコンセプトは、「ケヤキ並木の緑に囲まれた開放的空間」「人々が気軽に立ち寄り愛される店」「メガネを楽しんでいただける“FUN”の提供」。

同店舗は「Zoff Park」として渋谷の「Zoff Park Harajuku(ゾフ・パーク原宿)」に次ぐ2店舗目となる。

同店舗の特長は、現在Zoffが展開している全フレームがフルラインアップされているということ。

ベーシック・ビジネス・カジュアル・トレンドという4つのライフスタイルを中心に、シニア・キッズ・シーズン・スポーツの商品カテゴリーを設定。

あらゆるライフスタイルにマッチする商品バリエーションで「選びやすく買いやすい」ショップ環境を目指したという。

約1,500バリエーションと九州エリア最大級の品ぞろえが最大の特長となっている。

また、今話題のパソコン作業時の目の疲れを軽減するブルーライトカットレンズ「Zoff PC」は注目の品。

その他にも、ゾフ・ショップでは取り扱いのない多種多様な特殊レンズのオーダーも展開している。

例えば、紫外線に触れるとクリアレンズからグレーやブラウンへ段階的に色が変わり、サングラスとしても併用できる「調光レンズ」。

また、「遠近両用レンズ」「中近両用レンズ」の他に「近々両用レンズ」も取り揃えている。

Zoff Parkでは2009年から同社が実施している不要になったメガネの下取り、寄付活動を常時実施している。

提供されたメガネは、同社より「ライオンズ眼鏡リサイクルセンター」(LERC)に寄贈。

補修した後、開発途上の眼鏡を必要とする国々へ送られる。

他社製品、破損した製品でも下取り・寄付が可能だ。

9月1日〜9月17日の間、一部商品が4,095円から購入できるセールを実施。

さらに各店先着300名計900名にメガネまたはサングラスの購入で次回購入時に使用できる1,000円分割引クーポンをプレゼントする。