各戸40坪台の“現実的住宅展示場”で「青空リビング」を体験! -桧家住宅

写真拡大

桧家ホールディングスならびに関連子会社の注文住宅販売会社7社(桧家住宅、桧家住宅東関東、桧家住宅南関東、桧家住宅北関東、桧家住宅上信越、桧家住宅三栄、桧家住宅東北)、および桧家住宅FC加盟店は、神奈川県、埼玉県、栃木県、長野県、愛媛県の5県において、この9月に展示場をオープンする。

9月8日の埼玉県「大宮北展示場」オープンを皮切りに、9月15日には神奈川県「平沼展示場」と栃木県「足利展示場」が、さらに9月22日には長野県「上田展示場」と愛媛県「松山展示場」がオープン。

桧家グループの展示場は95店舗(FC店8店舗を含む)となる。

今回オープンする展示場はすべて、桧家住宅が推奨する40坪台の現実的な広さで家づくりのプランを体感できる「リアルサイズ展示場」という点が魅力となっている。

また、同社の全商品で採用している現場発泡断熱材「アクアフォーム」の気密・断熱性能とアルミ蒸着遮熱シートで遮熱性能をアップさせた「Wバリア工法」を採用しており、一年中快適に過ごせる温度のバリアフリー化と、省エネでオープンな間取りの自由性を実現したという。

【大宮北展示場・平沼展示場の特徴】 モダンなホワイトの外壁に縦のスクリーン格子が目を引く外観デザイン。

内観は庭のウッドデッキともつながり、一体となった開放感のあるリビングや、階段途中に設けられた家族コミュニケーションの起点となる「コミュニケーションブリッジ」など、最新の提案をする。

収納も、ウォークインクローゼットだけでなく「土間収納」に加え、「小屋裏収納」も備える。

また、前出の「コミュニケーションブリッジ」の下にあるストックスペースは洗面所と玄関側の2WAYで使用可能。

さらに、これらの展示場の大きな特徴として、屋上庭園「青空リビング」が注目を集める。

陽当たり・通風・眺望に優れ、安全性やプライバシーの確保もできる空間となっている。

【松山展示場・足利展示場の特徴】 外観はシンプルで、落ち着きのある色合いと2階から1階までを貫くスクリーン格子がマッチしたデザイン。

屋根材と一体となったフルフラットのソーラーパネルが、全体の印象を引き締める。

内観については、子育て世代が安心して子どもの成長を見守れる提案を数多く用意した。

壁面に設置された「落書きウォール」はホワイトボードとして活用可能。

フラットバルコニーを真ん中にはさみ、L字型に配置された2つの子ども室は、どちらの部屋からもフラットバルコニーがひと続きに使える。

また、これらの展示場にも「コミュニケーションブリッジ」が配置されている。

【上田展示場の特徴】 外観は白一色のシンプルな外壁で、屋根一体型のソーラーシステムも、建物のデザインと一体となっている。

内観は、家族の団欒スペース「タタミダイニング」を配置。

「コミュニケーションブリッジ」「固定階段付 小屋裏収納」のほか、大きなウッドデッキや、スクリーン格子でプライバシーを守る「プライベートバルコニー」を備える。

子ども室は部屋の中心で後から仕切ることができる将来設計になっており、小さいうちは大きな遊び場として、成長に合わせてプライベートな空間へと仕切ることが可能。

各展示場の場所、詳細などは「[桧家住宅の公式ページ(http://www.hinokiya.jp/)]」へ。



続きを読む