セイコーインスツル、ISSEY MIYAKEウオッチ・プロジェクト「W」に新作追加

写真拡大

セイコーインスツルは10月、「ISSEY MIYAKEウオッチ・プロジェクト」において、日本を代表するカーデザイナー・和田智氏がデザインした「W(ダブリュ)」シリーズより、オレンジダイアルのモデル「SILAY005」を追加発売する。

同プロジェクトは2001年にスタートし、ISSEY MIYAKEの総合ディレクションのもと、山中俊治氏、ハッリ・コスキネン氏、吉岡徳仁氏、深澤直人氏、ロス・ラブグローブ氏、イブ・ベアール氏など、デザイン界を代表するデザイナーたちと同社とのコラボレーションにより、独自のウオッチシリーズを展開している。

「W」は、自動車の計器類のような文字盤や針、アルミホイールからインスパイアされたソリッドなケースをはじめ、カーデザインのエッセンスを取り入れる一方で、無駄のない落ち着いたダイアルデザインなど、日本のミニマルな美しさを追求したクロノグラフウオッチだ。

今回、この精緻な時計にスポーツカーのインパネをイメージした鮮やかなオレンジカラーのダイアルを採用し、「W」に新たなテイストが加わった。

また、精悍なブラックケースに、ナチュラルで上質感のあるヌメ皮のバンドを組み合わせたレザーバンドモデル「SILAY006」も同時発売。

価格は「SILAY005」が4万7,250円、「SILAY006」が4万2,000円となる。