21_21 DESIGN SIGHT 企画展 「田中一光とデザインの前後左右」
 
21_21 DESIGN SIGHT 企画展
「田中一光とデザインの前後左右」

 
田中 一光21_21 DESIGN SIGHTでは、9月21日より、企画展「田中一光とデザインの前後左右」を開催します。
日本を代表するグラフィックデザイナー 田中一光(1930〜2002)は、伝統の継承から未来の洞察、東と西の国々との交流など、田中自身の言う「デザインの前後左右」を見すえたアートディレクターでもありました。琳派、浮世絵、伝統芸能など、市民の文化を熟知し、それらを視覚表現の主題として現代の創作に活写した田中の影響は、同時代のデザイナー、企業人、社会に広がっていきました。また、グラフィックのみならず、出版・編集デザイン、ギャラリー空間での発表、商品などへの企画提案、そして茶道への眼差しを含めた仕事の成果は、現在の社会に定着するものとなっています。

 
本展では、田中一光の著書『デザインの前後左右』に根ざし、その発想の広がりと表現の着地するさまを多彩にとりあげます。残された膨大な数の作品や資料を検証し、田中を日本独自の視覚表現の推進者と位置づけ、仕事の主軸となるグラフィックデザイン作品を中心に、映像や図版、記録資料など、活動の実際を示す貴重なアーカイブも紹介します。それらを通して、田中一光というクリエイターの人と仕事に迫り、デザイン思想がどのように展開し、表現されたかを探ります。
 

 

 
戦後からの激しい時代を伸びやかに生き抜いた田中一光の創作の軌跡をたどる本展は、現代社会へのメッセージに満ち、これからのクリエイションの新しい方向性と可能性を示唆するものとなるでしょう。
 
[開催概要]
タイトル:「田中一光とデザインの前後左右」
会期:2012年9月21日(金)〜2013年1月20日(日)
休館日:火曜日(10月30日、12月25日は開館)、年末年始(12月27日〜1月3日)
開館時間:11:00〜20:00(入場は19:30まで)
入場料:一般1,000円、大学生800円、中高生500円、小学生以下無料
会場:21_21 DESIGN SIGHT
会場HP:http://www.2121designsight.jp/
主催:21_21 DESIGN SIGHT、公益財団法人 三宅一生デザイン文化財団
後援:文化庁、経済産業省、港区、社団法人 日本グラフィックデザイナー協会、東京アートディレクターズクラブ、東京イラストレーターズ・ソサエティ、東京タイプディレクターズクラブ
助成:公益財団法人 花王芸術・科学財団
特別協賛:三井不動産株式会社
協賛:株式会社 良品計画、西武・そごう、特種東海製紙株式会社、株式会社モリサワ
特別協力:財団法人 DNP文化振興財団、大日本印刷株式会社
協力:株式会社 竹尾、エルコ ライティング 株式会社、キヤノンマーケティングジャパン株式会社、凸版印刷株式会社、FRAMED*、株式会社 中川ケミカル、マックスレイ株式会社、株式会社 ロフト(順不同)
展覧会ディレクター:小池一子
会場構成・グラフィックデザイン:廣村正彰
照明デザイン:海藤春樹+武石正宣/深沢 明/甲斐淳一
設計協力:ナカムラデザイン事務所
企画協力:太田徹也
参加作家:Semitransparent Design、三宅一生+Reality Lab. 21_21
DESIGN SIGHTディレクター:三宅一生、佐藤 卓、深澤直人
同アソシエイトディレクター:川上典李子