東レ経営研究所特別顧問
佐々木常夫
1944年生まれ。東京大学卒業後、東レに入社。2010年より現職。近著の『そうか、君は課長になったのか。』がベストセラーに。

写真拡大

いまやリストラは50代だけの話ではない。40代、30代にも矛先が向いている。ビジネスマン生活もハイリスクな時代を迎えた。どうしたら危機を突破していけるのか──。年代別にシナリオを描いていく。

佐々木常夫氏 私の人生観のど真ん中には「運命は積極的に引き受けよう!」という考え方があります。会社人生にしても、決して一本道ではありません。努力が実らないことだってある。業績不振の子会社へ出向させられるような、左遷的仕打ちを受けることだってあるでしょう。

しかし、それも運命です。前向きに捉えるなら「これは自分が試されているんだ」とも思える。愚痴をいわず、困難に立ち向かっていれば「あいつは大したやつだ」という評価につながり、復活することは十分可能です。あなたのことを、会社はじっと見ています。

私がそう断言できるのは、東レの取引先の一つで経営に行き詰まっていた繊維商社・一村産業への出向経験があるからです。1978年、33歳のときのことでした。メンバーは社長としていく取締役を筆頭に14人で、私は最年少。着任してみると、本当にひどい経営状態で「とても再建なんてできない」と頭を抱えたものです。

私はまず金沢の本社で管理部門の課長として、含み損の調査や経営課題を洗い出し、管理・予算制度を整備しました。とにかく、一刻の猶予もありません。土日も出勤し、残業時間は月に200時間を超えました。

仕事が一段落すると、よく一村産業の社員たちを居酒屋に誘ったものです。酒を飲んで、彼らの本音に耳を傾けました。給与やボーナスもカットされていましたから、酒代を支払わせるわけにはいきません。自腹を切っていたら、半年で酒代が100万円にもなってしまったほどです。

彼らは私たちの仕事ぶりをシビアに見ていたと思います。出向した私たちのうち、彼らから信頼を勝ち得た者と、離反された者は半々でした。その分かれ目は“志”だったと思います。私は、出向するからには「一村産業の再建は、自分のミッションだ!」と決めていました。そのことが彼らの心を掴んだのではないでしょうか。

そんな一村産業での経験は貴重でした。人は何のために働くのかが明確になったからです。もちろん、第一は生活のため。しかし、それ以上に自分を磨くことが重要なのだと実感しました。それからは、できるだけ困難な仕事に挑戦したいと考え始めました。

不思議なもので、そんな姿勢でいると、どんどん新しい業務が回ってきます。89年、産業資材部の水産資材課に配属され、魚網と釣り糸の流通構造を再構築したのもきわめて難しい仕事でした。卸会社を通さずに、大型量販店への直接販売に転換するものです。当然、強い抵抗を受けます。しかし、人間は困難に直面すると、思いもかけない知恵が出てきます。結果として、直販体制が確立でき、コスト削減につながりました。

半面、家庭は大変でした。一村産業に出向する前に生まれた長男は、3歳のときに自閉症と診断されました。その心労もあったのでしょう。妻は肝炎に倒れ、やがてうつ病を併発してしまいます。もちろん、私も家事を手伝い、休日は妻の見舞いも欠かしたことはありません。

そんなとき、私の心の支えになったものは、やはり仕事でした。仕事を通しての達成感があったからこそ、家族とも真正面から向き合え、苦難を乗り越えられたのだと確信しています。

ところで、仕事で自己実現をしていくためには、高い成長角度を維持することが必要です。いつもベクトルを右上に向けておく。そうすれば、角度の低い人に抜かれることは絶対にないし、差はどんどん開いていきます。

私は、人生の勝負所は50代だと思っています。20代は、わき目も振らずに一生懸命に働き、30代で実力も備わり、役職にも就く。40代にそうした経験が生きるわけですが、この時期は、疲れずに、しなやかに生きることを勧めたいと思います。なるべく部下に仕事を任せ、早く帰る。社外の人とも付き合い、本も読み、力を蓄える時期だと考えて行動してください。

こうした話を聞いても、「知る」と「わかる」のでは大きな違いが生まれます。前者は単に頭のなかにインプットしただけのこと。一方、後者の「わかる」ことを、私は「解る」だと考えています。物事を理解し、自分の行動を変えていくことです。その変化は自分を一歩高めることにつながっていきます。

人事は非情です。自分では心構えをしているつもりでも、意に沿わない辞令を渡されれば動揺は隠せません。しかし、そんなときこそ潔く受けて、自分をしっかりと磨くチャンスにするべきです。

(岡村繁雄=構成 南雲一男、澁谷高晴、大塚一仁=撮影)