スリちゃん、両親の離婚成立でかなりの額の財産を手に?  写真:INFPhoto/アフロ

写真拡大

申請から2か月弱で離婚が成立したトム・クルーズとケイティ・ホームズ。ケイティに対する慰謝料はなく、彼女には現在6歳のスリちゃんが18歳になるまで毎年40万ドル(約3,140万円)の養育費が支払われるというが、彼女はさらに、スリちゃんの名前でかなりの額の信託基金を設けるよう交渉していたという。

<TMZ>によると、トムは、医療費や歯の治療代金、そして年間4万ドル(約314万円)の学費といった、スリちゃんにかかる費用も負担するそうだ。スリちゃんはレイバー・デー(Labor Day、※)後に(日本でいう)小学1年生になるという。

結局、スリちゃんに必要なものはすべてトムが面倒をみることとなった。さらに、情報筋が<RadarOnline>に語ったところによると、ケイティは「スリちゃんが18歳になったら手を付けられる信託基金も必要」だとトム側に交渉したという。

「ケイティはただ、大人になったスリちゃんが経済的に安定するのを確実にしておきたかったのです。信託基金はかなりの額になるようですが、スリちゃんが30代になるまでは、完全に彼女のものには(法的に)ならないといいます。トムもこれに関しては問題ないと考えていて、スリちゃんのために実行しようとしているのです」と、情報筋。

幼い頃からデザイナーズブランドの洋服を着たりしてベストドレッサーにも選ばれるなど、豊かな環境で暮らしてきたスリちゃん。両親からはかなりの愛情を注がれ、いろんなところにも旅してまわった彼女はいつの日か、その信託基金を有効に使うことだろう。

※9月の第1月曜日に定められた、アメリカの祝日。

かなりの額の信託基金を相続するというスリちゃん

ニューヨークで自転車に乗るスリちゃん