英国デニム「Lee Cooper」日本上陸 下北沢に1号店オープンへ

写真拡大

 100年以上の歴史をもつ英国のデニムブランド「Lee Cooper(リークーパー)」が、日本に本格上陸する。日本初の店舗を9月15日に下北沢にオープン。日本でライセンス展開する住金物産との間で2012年春にサブライセンス契約を結んだマックハウスが、運営・販売を担当する。 「Lee Cooper」日本上陸の画像を拡大

 店舗面積14.8坪の「Lee Cooper」日本1号店は、飲食店やショップが軒を連ね多くの人で賑わう下北沢南口商店街沿い、マックハウスが運営する都市型ショップ「Blueberry(ブルーベリー)」の跡地に出店。「Lee Cooper」は1908年にロンドン・イーストエンドに創業し、「徹底した英国流カジュアル」を基本に約90カ国で700の直営店を運営している。過去にはローリングストーンズやビートルズとコラボレーションしたこともあり、本国ではワークウェア製造をルーツとするヨーロッパ最古のジーンズメーカーとして知られているが、「Lee Cooper Store 下北沢」の出店を機に日本で本格的にデビューする。ターゲットは20代後半から30代。「幅広い年齢層が集まり人通りも多い」という理由から下北沢が出店地となり、オリジナル商品を揃える店内にはイギリスらしいテイストが随所に施されるという。価格はボトムスが5,145円〜、Tシャツ2,300円〜、シャツ4,195円〜、シューズ4,195円〜。 9月に吉祥寺にオープン予定の「Dickies(ディッキーズ)」国内初店舗も運営するマックハウスは「Lee Cooper」の本格展開にあたり、「ヨーロピアンカジュアル」の市場拡大を目的に住金物産と製造や販売に関する契約を締結。住金物産は、ブランドを保有するRED DIAMOND HOLDINGS S.A.R.Lとの間でライセンス契約を結んでおり、マスターライセンシーとして一部アイテムの製造も手掛けている。■Lee Cooper Store 下北沢  ※9月15日オープン 住所:東京都世田谷区北沢2-19-16 URL:http://leecooperjapan.com/