向後の7日株!:チャート妙味増!好業績・上昇トレンドに乗る、情報・通信株(375X)
7日以内に株価が沸騰しそうな株を毎日1銘柄ズバリ! 業績サプライズ系、株価出遅れ系、さらに思惑系も…さあ、チェック!!

豆蔵HD (3756)が今日の注目銘柄!

同社は、8月16日に、一部証券紙にて今期業績計画の上方修正は時間の問題と取り上げられ人気化しました。同日は、前日比約74倍の出来高(6769株)をともない、窓を空けスタート、一目均衡表の雲・基準線・転換線を一気に上抜ける強い上昇力で、大陽線(16日終値、47700円)をつけ、引けました。

25日移動平均ベースのボリンジャーバンドをみると、この上昇により、エクスパンションが実現し、株価は+1σと+2σの間でバンドウォークを開始しました。つまり、現状は、上昇トレンドを描いているということになります。

28日終値は48500円で、出来高は前日比約7倍のボリューム(2431株)をともないながら16日の高値を上抜いたことで、上昇に弾みがでるとみて、同社に注目します。

週足ベースでみると、28日終値は13週移動平均線(28日現在、42557円)、26週移動平均線(同、44023円)、52週移動平均線(同、40326円)をすべて上抜き、週足ベースの一目均衡表の雲上限(同、46316円)をブレイクしました。このことから、中期的にも上昇トレンドの発生が予想されます。目先は、3月9日の週の高値54200円を目指す展開を想定しています。

一方、業績面では、大手企業向け基幹システム再構築案件や、デジタルコンテンツの暗号化、Android関連案件といった技術的要求の高度な案件が順調に推移し、業績は拡大しています。また、昨年度に連結加入したアクシスソフト株式会社、ジェイエムテクノロジー株式会社等、株式会社ジークホールディングスが、当期より通年寄与する予定です。

13年3月期通期連結業績予想は、売上高は90億円(前年同期比、42.1%増)、営業利益は7.0億円(同、34.2%増)、経常利益は8.5億円(同、53.7%増)、当期純利益は6.0億円(同、41.2%増)で、2桁の増収・増益と高い業績変化率の見通しです。

8月10日に発表した、第1四半期連結業績の営業利益は、1.66億円と中期予想2.2億円に対し、75%と高い進捗率となっており、冒頭でもふれたように、今後の業績上方修正を期待させる進捗率であることも魅力です。

向後はるみ(HARUMI KOUGO )
黒岩アセットマネジメント

金融・経済を日々研究し、タイムリーな銘柄情報に定評がある。投信、先物、FXなど金融商品の仕組みにも詳しい。テクニカルアナリスト、ファイナンシャルプランナー。