青森まで、あのブサかわいい秋田犬「わさお」に会いに行こう!

写真拡大

青森県鰺ヶ沢町(あじがさわまち)の焼きイカ店「菊谷商店」の女主人に拾われた、ブサかわいい秋田犬「わさお」。

旅人ブログで紹介されるやあっという間に人気者になり、銀幕デビューまで果たした。

そして現在でも、ブザかわいい笑顔に癒やされたい! とわさおの元を訪れる人は後を絶たない。

2007年頃、鰺ヶ沢町の「海の駅わんど」で捨て犬となって迷っていたところを、焼きイカ店「菊谷商店」の菊谷節子さんに拾われたことに始まる。

最初は「レオ」という名前で育てられていたという。

改名のきっかけは、この町を旅していた女性ブロガー・メレ子さんだ。

メレ子さんは偶然入った菊谷商店で出会ったレオの風ぼうに惹かれ、自身のブログ「メレンゲが腐るほど恋したい」にて、「わさお」という呼び名で紹介。

このネーミングを気にいった菊谷さんが、わさおと改名したそうだ。

その後、わさおはテレビにまで進出。

ブサかわいい犬として一躍評判になり、あっという間に人気に火が付いた。

そして2011年には、わさおが本人(本犬?)役で出演した、映画「わさお」が全国公開。

飼い主の節子さん役は、薬師丸ひろ子さんが演じている。

また2009年、わさおは青森県鯵ヶ沢町に特別住民として登録。

2010年からは鰺ヶ沢町特別観光大使を務めているほか、世界遺産活動特別大使“犬”ワンバサダーにも選ばれている。

今や押しも押されもしない青森が生んだ大スター犬だ。

しかし、わさおはそんな人気にも一切おごることなく、今なお菊谷商店の番犬として、愛らしい笑顔で愛嬌(あいきょう)をふりまき、癒やしを与えて続けている。

わさおのマネジャーを務め、「わさお通信」なるブログを書いている工藤健さんからわさおの近況をうかがった。

「相変わらず毎週土日は、青森県内はもとより全国各地のイベントに引っ張りだこです。

わさおが鰺ヶ沢にいても、昼寝する時間や散歩の時間も必要です。

そのため、せっかく会いに来ていただいても、必ずしもわさおに会えるとはお約束できません」とのこと。

確実にわさおに会うためには、鰺ヶ沢を訪ねる前にわさお通信でスケジュールを確認した方がいいだろう。

しかし、もしわさおが留守であってもがっかりすることなかれ! 菊谷商店さんの店内には、わさおの写真がいっぱい飾られているので、たっぷり癒やされる。

そして、菊谷さんが焼くイカ焼き(300円)の香ばしい匂いにも心ときめくことだろう。