飲料などを無償提供。「災害対応型カップ自販機」を設置-アペックス

写真拡大

自動販売機の設置・運営などをサポートしているアペックスは、9月1日「防災の日」をきっかけに、飲料や紙カップの無償提供ができる「災害対応型カップ自販機」の設置を推進していくと発表した。

同カップ自販機は、有事の際、設置先に保管してある鍵ひとつで、飲料や紙カップの無償提供を行うことができる。

宮城県多賀城市をはじめ、既に6つの自治体に設置されているという。

また、同カップ自販機は、自治体・団体などの自動販売機設置先と「災害時における支援協力に関する協定書」を結ぶことにより設置されるとのこと。

同協定には、飲料や紙カップのみならず、水、トイレットペーパーなどの支援提供も含まれている。