2割の主婦・主夫が使うネットスーパー。利用者の約半数が持つ不満点とは?

写真拡大

アイ・エム・プレスは月刊『アイ・エム・プレス』の連載「生活者に聞く!」において、首都圏・近畿圏在住の専業主婦・主夫のネットスーパーの利用状況について調査した。

実際に商品を店頭に並べて販売している店舗を持つスーパーが、Webサイトで注文を受付、即日または翌日、もしくは指定日に配達するサービスを「ネットスーパー」と定義して調査。

調査は7月25日から27日にかけて、首都圏・近畿圏在住の20〜60代の専業主婦・主夫を対象に実施。

1,198の有効回答が得られた。

まず、この1年間に食料品および日用雑貨の購入のために、どのようなチャンネルを利用して購入するかを質問。

すると、98.5%とほとんどの人が「スーパー」を利用していることが分かった。

続いて「ディスカウントストア、ドラッグストア」(60.9%)、「コンビニエンスストア」(54.9%)。

「ネットスーパー」の利用者は20.5%と約2割という結果になった。

続いて、この1年間に「ネットスーパー」を利用した人に、どのような時に利用するかを質問。

すると、「水、米など重いものを買う時」が63.7%、「買い物の量が多い時」および「雨など悪天候の時」の39.2%という結果に。

購入した荷物を運ぶことや、買い物に出掛けることが面倒な時に利用したいという声が目立っている。

「忙しくて買い物に出掛ける時間がない時」も38.8%と割合が高い。

ネットスーパーは“困った時”に助けてくれる地域の生活インフラとして、頼りにされる存在になっているようだ。

「ネットスーパー」への不満について尋ねると、「配送料がかかる」が53.9%でトップ。

以下、「品ぞろえが限られている」(34.3%)、「品物を受け取るために家にいなければならないのが面倒」(32.2%)、「生鮮食品などについて、他の品物と見比べられない」(27.8%)が続いた。

一方、11.0%は「特に不満はない」と回答している。