災害時、10日間の自宅待機を想定した新しい防災セットを発売 - ディノス

写真拡大

ディノスは8月27日に、新たな視点で開発された自宅待機用防災セット 「10days+(テンデイズプラス)」の先行販売を、ディノスオンラインショップで開始する。

同商品は大規模災害の発生で電気・水道・ガスなどがストップした時に、支援物資が届くまでに必要と言われる“10日間の自宅待機”を想定したセット。

10日間分の明かり、10日間以上連続で使用できるFM/AMラジオ、携帯充電器、リチウム乾電池など、本当に役立つ10点を厳選した。

危機管理アドバイザーで、危機管理教育研究所・代表の国崎信江さんのアドバイスを参考に企画。

トイレや体の衛生など、メンタル面での安心感も大切にしている。

バッグは前向きな気持ちで防災に取り組めるおしゃれなデザイン。

必要なアイテムを各自で追加できる大きめのサイズも魅力だという。

カラーはピンク、イエロー、ブルー、ブラック。

おすすめする追加アイテムリスト付きで、2万4,800円。