人事コンサルタント
深田和範
1962年生まれ。上場企業の人事部長などを経て、現在、人事コンサルタントとして、組織再生に関わるコンサルティングに従事する。

写真拡大

いまやリストラは50代だけの話ではない。40代、30代にも矛先が向いている。ビジネスマン生活もハイリスクな時代を迎えた。どうしたら危機を突破していけるのか──。年代別にシナリオを描いていく。

深田和範氏 出世競争で出遅れを実感するのは35歳前後から。一般的に、この年齢に達すると同期入社のトップクラスが管理職に登用されます。そして、この“第一次選抜”に漏れると、その後の昇進・昇格は遅れ気味になります。

では、出遅れの要因はどこにあるのでしょうか。もちろん、本人の能力や努力不足もあるでしょう。けれども、最近では管理職候補者の数に対してポストの数が少ないことも見過ごせません。当然、競争は厳しくなり、かつてより早めに差がついてしまうのです。

それ以外にも、所属している部門の上司の発言力が決め手になることもあります。上層部や人事に一目置かれている実力派の上司だと、強力な後押しを得られる可能性が高くなります。一方、上司が力不足だとそうはいきません。どうしても人事には運・不運がつきまとってしまいます。

しかも、一度先頭グループから離れると、その遅れを取り戻すことはほぼ不可能になります。というのも、人事側からノーマークにされてしまうからです。翌年の昇進・昇格の考課では入社年次が下の後輩と争うことになります。最近の人事の傾向として若手が優先されがちなのが現状です。

残念ながら、明らかに周回遅れになってしまった場合、そのまま出世競争を続けるか、それとも降りるかを判断する必要があります。

出世競争に乗り続けるなら、何としてもポストをもらうことを最優先にします。もはや、主要な役職はトップクラスの人たちが占めています。そこで、不利なところ、例えば規模を縮小した課や地方出張所のポストでも自ら進んで引き受けましょう。そして、会社や人事部に恩を売っておく。予想外の恩返しがあるかもしれません。

本流からはずれた、小さな部門は上司の数も少なく、自由に動け、力も発揮しやすいはずです。確かに、成果を挙げる環境としては厳しいかもしれませんが、そこで実績を示すことができれば、会社に対する強いアピールとなり、出世競争での遅れを挽回するチャンスになることだってあります。

ただ、ここで必要なのは、そうした働きぶりを見ていてくれ、自分を引き上げてくれる親分的な上司の存在です。普段から男気溢れる上司にかわいがられるように心がけます。折に触れて仕事やプライベートの相談を持ちかけ、「こいつを昇進させてやろう」と思ってもらえるようにするのです。

とはいえ昨今、そうした上司はめったにいません。そのときは、他部門の実力派の上司に認めてもらうぐらいのしぶとさも重要です。例えば、公募される社内の委員会やプロジェクトのメンバーとなって頭角を現し、存在感を示していきます。あるいは“便利屋”に徹して、「かわいいやつ」と思わせるくらいの割り切りも必要です。

周回遅れを機に出世競争から降りるという選択肢もあります。もともと順調に昇進していくエリートは、「同期入社の10%未満」といわれています。自分がそこに入っていないとわかったら、無理をせず、そこそこの実績を挙げて、それに応じた昇進で我慢しながらサラリーマン生活を全うするのです。

ただ、こういう人たちはリストラの対象になりやすい。いま、不況や組織の統廃合の影響で、どこの会社も過剰雇用を抱えています。会社がリストラに踏み切れば、そこそこの実績しか挙げていない30代も、今後はリストラ候補になるでしょう。

ですから、リストラをされないように予防線を張るか、リストラされても大丈夫なように準備をしておきます。ここでも2つの道があります。会社に留まってリストラを避けるという選択と、転職あるいは独立を目指す方法です。

会社に留まる場合なら「リストラされなければ勝ち」と考えましょう。つまり、下手なリスクを冒さず、定年まで平穏無事に勤め上げられれば勝ちです。実際、最近のような経済・雇用環境で、一つの同じ会社で定年を迎えられれば申し分ありません。

乾坤一擲、独立・起業するのなら、社会的な力をつけることが最優先です。スキルを磨き、公的資格を取得するのはもちろんのこと、ボランティアにも意欲的にかかわり、社会に対する見識と人脈を広げるのもいいでしょう。

幸い30代は、頑張れば実力も一番伸びるときですし、踏ん張りもききます。成功する独立のためには、自分がやりたいこと、できることを徹底的に考えることです。そして、成功の基準を決める。あとはタイミングを間違わず、諦めないことです。

(岡村繁雄=構成 南雲一男、澁谷高晴、大塚一仁=撮影)