河崎実監督が人気ゲーム『地球防衛軍』を実写化! トップグラドルやウルトラマンシリーズの名優も出演

写真拡大

全世界で、シリーズ累計150万本を出荷する人気ゲーム、『地球防衛軍』の最新作(地球防衛軍3 POTABLE)が2012年9月26日に発売される。それに先立って同作の実写化が決定。メガホンをとったのは「オタク映画の巨匠」として世界的にその名が知られる、河崎実監督だ。映像作品には、トップグラドルやウルトラマンシリーズの名優が出演していることが判明した。

河崎監督の手によって『地球防衛軍』はどのように実写化されたのだろうか? ゲームファンならびに映画ファン、特撮ファン、いずれも必見の作品に仕上がっていることは間違いないはずだ。
 
『いかレスラー』や『ヅラ刑事』など、一貫してB級テイストあふれる作品を手がける河崎監督である。何をするのにも、想像の斜め上を行く演出を欠かすことがない。8月27日に行われた実写化発表会も普通ではなかった。「日本一B級な製作発表会」と題して、東京・中野の監督の経営するバー「ルナ・ベース」で行われた。

このお店が驚くほど狭く、報道陣でギューギュー詰めに。もっと広いところでやれば良いと思うのだが、これもひとつのこだわりか……。実のところ、映像製作の予算がオーバーしてしまったために、発表会の費用がなくなってしまったとのこと。ややわびしい雰囲気ではあったものの、監督の話す内容には、かなり熱いものがあった。

そもそも監督が『地球防衛軍』の実写化に抜擢されたのは、過去の作品の影響によるものだ。監督は『地球防衛少女イコちゃん』(1987年)で監督としての実力を高く評価された。そして、リメイク作品『地球防衛ガールズP9』(2011年)を公開している。「地球防衛モノは大好物」と語る監督、今回の抜擢は必然だったのかもしれない。

なお実写作品は、特撮のスペシャリスト「特撮研究所」に技術協力を得て、「操演(そうえん)」と呼ばれる昔ながらの特撮演出を採用したそうだ。そしてキャストとして出演するのは、人気絶頂のトップグラビアアイドル。そしてウルトラマンシリーズの名優の名もあがっている。ゲームを知らない人でも、アノ兄弟の姿を見たら、心を揺さぶられずにはいられないはず。

ちなみに現在、「逃げまどう人」のエキストラを募集しているので、興味のある方はチェックして頂きたい。気になる映像の発表は9月26日、公開が待ち遠しい限りである。

Photo:Rocketnews24
参照元:地球防衛軍3 POTABLE


画像をもっと見る