公衆電話を使うとチケットがとりやすいってホント?




夏は野外ライブやスポーツ観戦など、おもしろそうなイベントが目白押しですよね。人気のあるイベントのチケットは、発売と同時に売り切れてしまいます。何度もリダイヤルしても、「ただいまおかけになった方面の電話は大変混みあっています」というアナウンスが流れるのみ。公衆電話からかけるとつながりやすいと聞いたことがありますが、それは本当なのでしょうか? その真偽について、NTT東日本 コンシューマ事業推進本部 企画部 公衆電話サービス部門 営業企画担当 主査・山本修さんにうかがいました。



■どうして電話がつながらないの?



――ライブなどのチケットをとろうと電話をしても、混雑中のアナウンスになってしまいます。それはどうしてなのでしょうか?



「通信には許容量があり、基準値をオーバーしてしまうと交換機がパンクしてしまいます。そうすると、その交換機が管轄している回線すべてが不通になってしまうのです。それを防ぐために、事前に規制をかけさせていただいております」(山本さん)



ひとつの回線に通信が集中することで、多くの人に迷惑をかけてしまう可能性があるとのこと。規制はやむを得ない措置なのですね。



■地方からかければつながるの?



――たとえば東京で開催されるライブの場合、おもに首都圏から電話が殺到することと思います。その場合、地方から電話をかけたほうがつながりやすいのでしょうか?



「受付が東京の場合、東京の交換機は規制されてしまいます。だからといって、地方からかけても、条件としては変わらないのではないでしょうか。地元の交換機は規制されていなくても、東京の規制にひっかかってしまいますからね」



これも有効な手段とはいえないようです。私の友達はこれを信じて遠くまでいきましたが、玉砕したことを思い出しました。もっと早くわかっていれば、教えてあげられたのに……。



■公衆電話はチケットとりに有効か?



――「公衆電話がつながりやすい」といわれていますが、それは本当なのでしょうか?



「チケット購入のような場合ですと、一般回線、携帯電話、公衆電話もすべて条件は同じです。そのため、どれがつながりやすいとはいえません。



災害が起きたときには、110番や119番といった重要な通信を守るために規制をかけることがあります。そのようなときは、公衆電話はつながりやすくなっていますので、情報が混同してしまったのかもしれませんね」



そういえば、震災時に携帯電話で通話できないので、公衆電話に長蛇の列ができていました。緊急時につながる=チケットもとりやすいという間違った認識がウワサとして広がってしまったようです。



また、公共施設の公衆電話はつながりやすいというウワサを聞いたことがありますが、これも都市伝説だということがわかりました。



■要人宅の電話ならつながるの?



――知事などの要人宅の電話は、どんなときもつながりやすいと聞いたことがあるのですが、そのような回線ならチケットがとりやすいのでしょうか?



「このケースも、公衆電話と同様です。非常時に規制されないだけであって、平常時にはほかの回線と変わりませんね」



要人だからといって、優遇されているわけではないのですね。チケットをとるときは、誰もが同じ条件。偉い人と平等だと聞いて、少しうれしくなりました。



ほかにも、「リダイヤル機能が不利ということはない」「回線をつなげるためにはタイミングが重要。しかし、ほかの人が電話するタイミングにも左右されるため、必ずつながるタイミングというものはない」という回答もいただきました。



結論としては、電話に関しての必勝法はないそうです。残念な結果になってしまいましたが、いまでは事前抽選やインターネット販売なども展開されているので、昔に比べればチャンスは広がっているといえるでしょう。情報を収集して、自分に合った方法を選択するのもひとつの手ですね。



余談ですが、私は超大物アーティストのライブを電話でゲットしたことがあります。そのときは、公衆電話と携帯電話を駆使し、とにかく電話をかけまくりました。どちらもすぐにはつながらなかったのですが、少ししてから両方つながり、2公演行くことができたのです。



あきらめずに何度もトライすれば、つながる可能性もアップします。一般発売時は誰もが同じスタートラインに立っているのですから、どうしても行きたいという気持ちを込めて挑戦するのみ、ですね。



(OFFICE-SANGA 丸部りぃ)