「スマート フォーツー」エンジンチューンした”BRABUSモデル”を限定発売

写真拡大

メルセデス・ベンツ日本はこのほど、新型「スマート フォーツー」の特別仕様車「スマート フォーツー クーペ BRABUS エクスクルーシブ」「スマート フォーツー カブリオBRABUS エクスクルーシブ」を発売した。

同特別仕様車はsmart BRABUS社がチューニングを施して性能をアップさせたもので、装備の追加にとどまらない魅力ある仕様となっている。

1リットル3気筒DOHCターボのエンジンは、ベースモデルである「スマート フォーツー mhd」から31PSもパワーアップし、最高出力102PSを発生する。

増大したパワーに対応してクラッチ容量を増強したトランスミッションは、1〜4速のシフトスピードを20%短縮。

足回りも専用チューニングを施したダンパー、スプリングを採用している。

エクステリアは、新デザインのフロントグリルに加えてBRABUS専用デザインのフロントスポイラー、サイド&リアスカートなど、数々のBRABUSオリジナルパーツを採用。

BRABUS 6ツインスポークアルミホイールも装着し、迫力あるスタイリングとなった。

インテリアはBRABUS専用デザインのトリップコンピューター付メーターパネル、BRABUS本革シート、ブラックレザー調ダッシュボード、パドルシフト付小径ステアリング、アルミと本革のシフトノブなどを採用。

本格スポーツカーのような室内を演出している。

価格はクーペが272万円で200台の限定、カブリオが296万円で50台の限定、合計250台の限定発売となる。