BMWモトラッド、量産電動スクーターのプロトタイプ「C evolution」発表

写真拡大

ビー・エム・ダブリューはこのほど、電動スクーターの量産モデルとなる「eスクーター」のプロトタイプとして「C evolution」を発表した。

ガソリンエンジンを搭載したスクーターと同等の性能や長い航続距離をカバーしているという。

同社ではBMW iブランドで電気自動車を開発しているが、2輪部門であるBMWモトラッドでも非常に早い段階から電動のモビリティを追求している。

具体的には市街地の移動に特化した電動スクーターとして、2011年にコンセプト車両「E-Scooter」を発表した。

しかし、その性能と航続距離には限界があるため、用途は限られたものだった。

同社はサステイナブルな技術的ソリューションにより、「E-Scooter」の航続距離を大幅に延長することに成功。

これを踏まえ、フランクフルト国際モーターショーで開発第2段階となる「Concept e」を発表した。

このモデルはデザインスタディとして電動スクーターの新しいスタイルを具現化したものだ。

今回発表された「C evolution」は、開発第3段階として間もなく市場導入されるeスクーターの量産直前プロトタイプとなっている。

想定する用途を都市近郊と市街の間の通勤などとし、性能がガソリンエンジンを搭載したスクーターと同等であること、現実的な使用条件でも長い航続距離をカバーすることを要件としている。

現在、走行可能な5台の「C evolution」がテストを行っているという。