スイス時計ブランド・ロンジン創業180周年記念2モデル、三越で先行販売中

写真拡大

創業180周年を迎える時計ブランド、ロンジンは、ヘリテージコレクションの新たな顔そしてブランド180周年記念モデルとして、「ロンジン テレメーター クロノグラフ」と「ロンジン タキメーター クロノグラフ」を全国の三越で先行販売中だ。

両モデルともに直径41mmで、丸型のステンレススティールケースには同ブランド専用に開発された自動巻コラムホイールムーブメントを搭載し、シースルーケースバックからその動きを見ることができる。

日付表示・スモールセコンド・30分計・12時間計といったクロノグラフ機能も装備。

技術性能だけでなくデザインも魅力で、ホワイトラッカー文字盤は1934年製の同ブランドのクロノグラフにインスパイアされたもの。

ブルースティールの時針・分針はさらにエレガントな趣を加え、ストラップにはブラックアリゲーターが採用された。

「ロンジン テレメーター クロノグラフ」には、音が伝わる速さを利用して距離を計測するテレメーターを、「ロンジン タキメーター クロノグラフ」には、生産効率・速度を測定できるタキメーターを装備。

どちらも価格は33万6,000円で販売中だ。