バージョンアップしてぼかし加工やハッシュタグ機能が追加! インスタグラム(Instagram)最新版【3.0.5】の使い方をレポート

写真拡大 (全11枚)

ハロー。

何やらインスタグラム(Instagram)がバージョンアップ(バージョン:3.0.5)したそうで。

最新版の使い方を紹介しますよー!

さてさて。旧版と何が違うんでしょねえ?

 

目を皿にして違いを探したところ、以下の新機能を発見。

 

●ハッシュタグ(#)機能

写真をUPするとき、コメントの頭に「#」をつけてみましょう。

 

すると、例えば「鬼」で検索した人から自分が投稿した写真を見つけてもらえます。

 

このハッシュタグ機能は、「★」(ポピュラー)が消えた代わりに、ユーザやタグを探せる機能として登場したようです。

 

※旧版

下のバーの「★」ボタンを押すと、人気写真が一覧表示されている「ポピュラー」ページが表示。

 

※リニューアル版

「★」の代わりに登場した、下のバーの左から2つめのギザギザボタンを押すと、写真を探すためのページが表示されるようになりました。

上のバーの虫めがねマークを押すと、「ユーザ」「タグ」のどちらかの方法で検索できます。

 

タグで検索する場合、わざわざ「#」をつけなくても、キーワードだけ打ち込めば自動的に「#」をつけて検索してくれまーす。

 

●ぼかし機能

写真を投稿するときの画面を見てみてください。上のバーに、しずくマークがでてきてます!

 

しずくマークをタップすると、「●」「−」「×」のボタンがでましたね。

 

「●」を押します。指で、ユリの花をタップすると、ユリの背景がボカされます。上の写真と比べてみて。ちょっと背景がぼけてるの、わかります? ボカす場所はどこでもOKで、例えば右上の葉っぱをタップすると、そこ以外をボカすことができます。

 

「−」を押すと、写真の真ん中を中心に、背景をぼかすことができます。

「×」を押すと、ぼかし機能をキャンセルできます。

これ、「●」や「−」を押すだけでボカせているのか分からなくて戸惑いましたが、こうやって見比べていると確かにボケてますねえ。

 

●「ジオタグ」が「フォトマップ」に変わった!

GPS機能を使って自分の位置をインスタグラム上に公開できる「ジオタグ」機能が、「フォトマップ」という名称に変わっていました。

 

 

GPS機能をONにして「フォトマップに追加」にチェックを入れると、全世界のインスタグラムユーザに、自分の写真が撮影した場所とともに公開されるようです。

旅行先から写真をUPするときはチェックしてもいいかもね。どこで何を撮ったか、どこにいるとき何を見て何を食べ、何に感動したか。それが写真という形で、このマップ上に記録…というか公開されるわけです。

 

残念ながら、私はもっぱら自宅から投稿しているので使う機会がなさそう。みなさんも、ご自分の個人情報が特定されないよう、自宅や勤務先から投稿するときはチェックを外すことをお勧めします!(ちなみに、デフォルトではチェックは外れています)

 

それにしても…

インスタグラムの使い甲斐がある生活って、いいなあ。記事を書きながらしんみり思う、初秋の夜。

 

★インスタグラムのインストールはこちらから!

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.instagram.android&hl=ja

※アンドロイド2.2以降