「金券ショップ」で生活丸ごとコストダウン! 今買うべき金券はコレ(Part2)

写真拡大

前回の記事では、夏休みに値上がり必須の「旬」の金券についてお伝えした。

2回目の今回は、ただですらオトクな金券類をさらに賢く活用する術を金券のプロに聞く――。

「トクする金額なんて、たかだが数十円程度でしょ?」と侮るなかれ。

食べる、遊ぶ、買う、移動する――金券ショップには、日常のあらゆるシーンをカバーするチケットがズラリと並ぶ。

自分の目的に沿った金券を買って使うだけで、暮らしのトータルコストが確実に下がるのだ。

これぞ我慢いらずのラクチン節約! ズボラな筆者とは、相性がいい。

例えば、スーパーで買い物をする場合。

一般的に還元率が高いとされるクレジットカードを使って買い物をしても、還元率は1%程度。

しかし、定価の98%程度(現在は98〜98.5くらいを推移 ラッキーコレクション)で購入した商品券(スーパーで利用可能なJCBギフトカードなど)を使えば、2%の割引になる。

月2万円分の買い物を商品券でまかなったとすると、年間にして4800円もの金額が浮く。

「給料日の前後には、まとめ買いをする方たちの姿も。

毎月、予算を決めて金券を買い、その範囲でやりくりをするなど、家計管理に役立てる方もいらっしゃいます」とは、前回に引き続き、ラッキーコレクションの五十畑さん。

金券を知り尽くしたプロに”賢く使うコツ”を伝授してもらった。

単体で使ったって当然おトク。

しかし、金券同士を組み合わせることで、さらに節約効果がパワーアップするケースもある。

王道は、商品券+株主優待券の組み合わせだ。

たとえば、デパートで買い物をする場合は、「全国百貨店共通商品券」+「目的のデパートの株主優待券」(デパートの商品が10%オフになる)を購入する。

定価の98%で買った全国百貨店共通商品券と株主優待券を一緒に使えば、合計12%の割引になる。

3万円分の買い物をした場合、仮に株主優待券の購入代が100〜300円程度としても、約3500円も浮くのだから、ちょっとしたセール気分だ。

また、ファミレスやファーストフードを始め、多くの店舗で利用できる「ジェフグルメカード」と株主優待券を組み合わせて使えば、飲食費の節約になる。

また、「割引券と金券の両方を出しているホテルや飲食チェーン店もある」(五十畑さん)とも。

しかし、組み合わせ可能な金券を判別するのは至難の技だ。

いったいどうすれば?「店のスタッフに、行きたい場所ややりたいことなど、目的をざっくりと告げて”組み合わせてオトクになる金券”をたずねてみることです。

例えば、花を買うにしても、花屋で利用できる『花とみどりの商品券』と株主優待券を併用できる店もあるし、ホテルの平日15%割引券とJCBの商品券を組み合わせて使う方法も。

レジャーの行き先を告げて、その周辺で使える割引券を見立ててもらう手もありますよ」(五十畑さん)ゆっくり相談しながら買いたいなら、比較的店の空いている午後の時間が狙いめだ。

店頭など目立つ場所に、割引率の高い金券が「目玉商品」として、並べられていることがある。

スーパーでいうなら「見切り品」といったところ。

「期限の迫ったものや、たくさん在庫を抱えているものなどを破格で出しているケースがあります。

制限があるものの、都合のあう人にとってはかなりお得になるのでは?」(五十畑さん)ちなみに先日、筆者がみつけたのは、東武動物公園の入園券。

正規料金は1500円だが、なんと300円でゲット! 期日が2週間程度だったことや梅雨の時期が影響していたのだろうか。

ともあれ、家族分3枚を購入し、合計3600円のお金を浮かすことができた。

目玉商品狙いで店をはしごし、お宝探しに興じるのも楽しそうだ。