3人に1人が節電でストレス! ではどんな節電をしてる? - 大和ハウス

写真拡大

大和ハウス工業は23日、メールマガジン会員に対して行った、節電に関する意識調査の結果を発表した。

調査は7月12日〜22日に行われ、節電への取り組み方法について計2,740件の意見を得た。

「あなたの節電への取り組み状況は?」と聞いたところ、「積極的に節電している」が16.7%、「できる範囲で節電している」が73.6%となり、合わせて9割以上が節電を心掛けていた。

しかし「節電についてストレスを感じていますか?」という質問に対しては、約33%の人が「とても感じている」「やや感じている」と答えた。

「日常生活で使えなくなると困る電化製品をお選びください」という質問に対して、もっとも多い回答は「冷蔵庫」の約51%だった。

次いで「パソコン」の約10%、「携帯電話・スマートフォン」の約9%、「テレビ」の約8%となった。

冷蔵庫が回答の大半を占めた理由としては、乾電池でも動く携帯電話や照明、もともとは人力で行っていた掃除機&洗濯機とは異なり、家の中にある主な家電のなか24時間常に電源が入っており、「食料を保存する」という重要な機能があるためと考えられる。

現代の生活で冷蔵庫の重要性が再認識されたのではないだろうか。

また、節電に対するフリーアンサーでは、以下のような意見があがった。

・過度のストレスにならないように努める。

(20代女性) ・充電等は夜中の安い時間帯にする。

(30代女性) ・照明を全部LEDに替えた。

(30代女性) ・炊飯器の使用をやめてガスでごはんを炊くようにしたら、かなりの節電効果があった。

(30代女性) ・契約しているアンペアを60Aから50Aに変更し、使い過ぎるとブレーカーが落ちるようにした。

(40代女性) ・冷凍庫を1台休ませている。

(50代女性) ・お金をかけずに節電したいので、新しい節電商品は購入しません。

(50代男性) ・テレビは消して乾電池式のラジオを聞いています。

(50代男性) ・とにかく家にいないこと公共施設で過ごす。

(50代女性)アンケートでは、この他にも「昨年と比較して節電への取り組み意識は変わったか」「節電に関してどのようなことに取り組んでいるか」「今年に入ってひとつでも節電商品を購入したか」などの興味深いデータが発表されている。

アンケートの詳細内容は、「大和ハウス工業のアンケートページ」で。



続きを読む