歯科医と共同開発した歯槽膿漏(のうろう)対策「デントヘルスハブラシ」発売

写真拡大

ライオンは歯ぐきを直接マッサージできる高機能ハブラシ「デントヘルスハブラシ」を、9月12日から全国で発売する。

歯と歯ぐきの境目をしっかり清掃できるよう、改良された。

同商品は歯科医と共同開発した歯槽膿漏対策ハブラシ。

超極細毛により、歯と歯ぐきの境目の内部まで無理なく入り込んで清掃する。

また、歯と歯ぐきの境目に45度であてると、境目の清掃とともに歯ぐきのマッサージができる設計となっている。

ヘッド部の外側の穴は、直径を内側より大きくし、かつ細い毛を採用。

通常のハブラシの約10倍(同社比)の本数を植毛している。

高密度な毛束にすることで毛先は「面」を形成し、適度な刺激でマッサージができるという。

希望小売価格は1本380円。

9月12日より全国で発売開始。