PC作業を快適にする「Zoff PC」から遠近両用・中近両用対応レンズが登場

写真拡大

Zoff(ゾフ)はパソコン作業を快適にするモニター専用レンズ「Zoff PC(ゾフ・ピーシー)」の新商品を発表。

遠近両用レンズ、中近両用レンズの2タイプで、9月8日から全国のZoffで発売する。

「Zoff PC」はパソコンなどのモニターから出ている青色光を、効率的に低減するパソコン用メガネ。

青色光は眼精疲労の原因と言われている。

このほど発売開始する遠近両用・中近両用は、カラータイプ(吸収型)を採用。

青色光カット率は約36%(※)となる。

遠くを眺める、パソコン作業のような近くのものを見るなど、屋内外問わずに使用したい人は遠近両用レンズがおすすめ。

また、パソコン作業やテレビ鑑賞など、室内の中距離で使用したい人には中近両用レンズがおすすめだ。

さらに、9月8日から10月31日の期間限定でキャンペーンを開催。

Zoff PC用遠近両用レンズや中近両用レンズ、通常の遠近両用レンズ、中近両用レンズが10%OFFとなる(フレーム代金は割引対象外)。

同商品は全国のゾフ店頭で販売(オンラインストア・海外店舗は除く)。

価格は8,400円から。

※JIS 規格(T7333 付録) = 380nm〜500nm での青色光平均カット率