いつ両親に交際相手を紹介? 交際1年以内と回答したカップルが約半数

写真拡大

ウエディングパークが運営する「ガールズスタイルLABO」は7月24日〜8月6日にかけて、20代〜50代の男女118名を対象に「恋人の両親へのあいさつに関する実態調査」を実施。

このほど調査内容を発表した。

最初に現在の恋人・配偶者の両親に初めてあいさつした時期を聞いたところ、「1カ月〜半年(21.2%)」がトップ。

以下、「半年〜1年(16.9%)」「3カ月〜半年(12.7%)」「付き合ってすぐ(5.1%)」と続き、交際スタートから早い段階で両親にあいさつへ行っているカップルが多いことが分かった。

一方で「3年以上たってから」と回答したカップルは14.4%で、慎重派カップルは比較的少ないようだ。

続いて、両親へのあいさつはどちらから提案したかを聞いたところ、「どちらともなく(33.6%)」「相手から(男性)(29.3%)」との回答が多い。

しかし、「自分(女性)(24.1%)」「相手(彼女)(1.7%)」と女性から提案したと答えたカップルも25.9%。

両親へのあいさつに前向きな女性が多いことが分かった。

男性に「初めての両親あいさつは緊張したか」を聞いたところ、92.3%の男性が「緊張した」と回答。

両親あいさつを「反省すべき点がある」「もう一度やり直したい」と回答した男性は61.5%にも上る。

あいさつの際に「もっとこうすれば良かった」と後悔している男性が多いことが分かった。

具体的に「名所へ案内する予定が道に迷い案内できなかった」「名刺なども渡せばよかった」などのコメントが寄せられた。