ららぽーと豊洲、50店舗が新規出店の大規模リニューアル。10月順次オープン

写真拡大

三井不動産とららぽーとマネジメントは、「三井ショッピングパークアーバンドック ららぽーと豊洲」の大規模リニューアルを今秋実施する。

今回のリニューアルは新規出店が全体の約1/4を占める、開業以来初の大規模なもの。

10月19日を皮切りに2013年3月までに、新店50店舗・改装31店舗の計8 店舗がオープンする。

今回のリニューアルでは、人気の国内セレクトショップ「JOURNAL STANDARD relume」、「B:MING LIFE STORE by BEAMS」などが出店。

また、インポートラグジュアリーブランド「マイケル・コース」も出店する。

さらに高感度・トレンドを中心とした「OPAQUE.CLIP」、「qualite scape」、「NATURAL BEAUTY BASIC」、「RODEO CROWNS WIDEBOWL」、「BANANA REPUBLIC」など、幅広いファッション店舗も出店が予定されている。

「COACH」「Cath Kidston」など、高感度ファッション雑貨店舗も出店。

他にもコスメティックブランド「ロクシタン」や海外の幅広い商品を取り扱う「PLAZA」、「アフタヌーンティー・リビング」など、生活を彩る雑貨ショップが多数出店。

さらにドイツの高級キッチンウエアブランド「Fissler」がショッピングセンター初出店(アウトレットモールを除く)。

また、関西の老舗インテリアショップ「LIVING HOUSE」も関東初出店となる。

フランス・アルザスに本店を構えるベーカリー「アール・ドゥ・パン」がベーカリー・カフェ店舗として日本初出店。

また、入手困難な話題のスイーツを期間ごとに入れ替えする「SweetsConcierge」も日本初出店する。

さらにSC初となるラーメン店、東京スタイルみそラーメン「ど・みそ」や本州初進出の和食店「博多弁天堂」。

また、世界大会(外国人部門)優勝のナポリピッツァを提供する地中海レストラン「Trattoria PizzeriaLOGIC 〜Marina Grande〜」も。

バラエティーに富んだ飲食店舗が集結する。

2013年1月には、1Fサウスポートに11店舗をそろえた新たなフードコートを開設予定。

海を臨み、豊洲公園との親和性の高いロケーションを生かす空間デザインでなっている。

館内の座席に加え、眼前に広がる海と公園をより身近に感じることのできるテラス席も設置。

約700席の大型フードコートとなる。