仮想旅館 「日の本屋・HINOMOTOYA」

四季折々の自然、すべらかな温泉、目にも美味しい料理、清潔なしとね…上質な宿に滞在すると、心身の凝りがほぐされていきます。日本の宿には、主のこだわりと快適のための装置がいたるところに仕掛けられていて、なかでも客室の設えは宿のセンスと心遣いが発揮される部分です。この度「にっぽんフォルム」では、旅館をイメージした空間に厳選した日常の家具と生活品を紹介します。仮想旅館「日の本屋・HINOMOTOYA」と題して、本館と別館をテーマ別に展開。本館は「老舗旅館の設え」。各地の名旅館からのアドバイスとともに、快適のためのさまざまな装置、座椅子やテーブル、ベッドなどで構成します。新館は「モダンでコンテンポラリーな旅館の設え」。若手デザイナーによる籐の家具を据えたラウンジスペースやギャラリーをつくります。一服のお茶が次の時間へのスイッチとなり、上りの一杯が一日を締めくくる至福の時間をもたらす―そんなおもてなしを知人や友人、家人や自分と我が家のために仕立ててみませんか。にっぽんフォルムで繰り広げられる「日の本屋」の空間でそのアイテムとアイデアをご覧ください。

■展示アイテム
•□HIROOMI TAHARA デザインのFRUITS BOWL
籐家具の老舗メーカー「 ヤマカワラタンジャパン」とミラノを拠点とする新進デザイナーによるラタン家具のシリーズ
•□福岡光里の器 ※10/6 より展示予定
ぐい飲み鏡餅やKABUTO など可愛らしい作品で人気の女性作家による新しいバリエーション。
設えに華を添えるスパイラル型のフラワークリップ、料理のイメージが膨らむぽってりとした大小さまざまな磁器
•□林秀行デザインの座椅子
プロダクトデザイナーが手がけるモダンな表情の畳座・床座の椅子

 

■連動企画 「一日女将 光里」
福岡光里さん自ら、器作品を使ったおもてなしを披露します。季節の花や葉、食材を使ってさりげく洗練されたおもてなしや設えのヒントを紹介するデモンストレーションを行います。
日程:10 月6 日(土)※詳細は9月中旬掲載予定
 
福岡光里
器からアクセサリーまで、自由な作陶を続ける福岡光里。その作品は、調和と使い勝手を最優先としつつも、使えば使うほどに強烈な個性を発揮する。今回の展示には、設えに華を添えるスパイラル型のフラワークリップの、秋らしい新色が登場。また、初の試みとして、木とガラス素材を使った新しいバリエーションの器も紹介。

■協力
(株)オゼキ/(株)天童木工/豊橋木工(株) /飛騨フォレスト(株)/(有)ビビ・プランニングス/ヤマカワラタンジャパン(株)/(有)吉原木工所/(株)ロックストーン/Y2
石葉/山水閣 別邸 回/滝の湯/べにや無何有/他
 
【概要】
名称:仮想旅館「日の本屋・HINOMOTOYA」
日時:2012年9月6日(木)〜11月13日(火) ※水曜日(祝日除く)休館
時間:10時30分〜19時00分
会場:にっぽんフォルム
   〒163-1062 東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー 
      リビングセンターOZONE 4F 
      TEL 03-5322-6620 FAX 03-5322-6621
   http://www.ozone.co.jp/nipponform