リクルートが就職活動モニター大学生を対象に実施した調査によると、7月末までに就職活動を終了した学生が5割に達したことが分かった。

8月1日時点で就職活動を終了した学生は50.4%で、1カ月前に比べて9.0ポイント上昇した。

8月1日時点の就職内定率は66.5%で、文理別では、文系64.1%、理系71.8%、男女別では、男性69.2%、女性63.1%、地域別では、関東69.4%、中部63.8%、近畿63.1%、その他地域65.7%となっている。

内定取得者の内定取得社数の平均は1.83社で、2社以上の内定取得者が45.8%となっている。

調査は、8月2日〜10日に同社のモニター大学生5498人を対象に実施し、1382人から回答を得た。

今年の就職活動を表す漢字は「苦」、過去最高の得票率
初めて知った就活用語「リクルーター」「お祈りメール」
グッドイヤー キャリア採用求人情報

日本人材ニュースCarrera」は働く人のためのキャリアニュースサイトです。