ケンタッキーの新商品「香味チキン」と「やみつき焼きおにぎり」を茶漬けにすると激ウマになることが判明!

写真拡大

大手ファストフードチェーンのケンタッキーは、2012年8月23日より新商品「香味チキン」と、サイドメニュー「やみつき焼きおにぎり」の販売を開始した。これから食べてみようという人に、おいしい食べ方をご紹介したい。それはこのふたつを茶碗に入れて、茶漬けにするのである。にんにくと胡椒のきいたチキンと、香ばしい焼きおにぎり、そこに濃い目のお茶を豪快にかければ、至極のお茶漬けの完成ッ、これがウマくないはずがないッ!! ウメーーーッ!

この商品は、夏バテで食欲がわかないという方に最適な逸品。にんにくと胡椒、唐辛子など香りが、食い気を呼び起こし、匂いをかいだだけでかぶりつきたくなってしまう。焼きおにぎりもしょう油の香りにそそられて、口に頬張りたくなってしまうのだ。

その欲求をグッとこらえて、さらにおいしさの高みを目指してみようじゃないかッ! ということで記者(私)はこのふたつを丼に入れて、上から濃いお茶をぶっかけてみた。そうしたところ、チキンの脂がお茶に溶け出し、おにぎりのしょう油と混ざり合って、旨味のギュッと詰まったスープの出来上がり。注いだのはただのお茶だったはず、それがほど良くスパイスの効いたチキンスープのようになってしまった。

そしてチキンとおにぎりにお茶が浸透。チキンはよりジューシーになり、おにぎりはしっとりもちもちした茶漬けになったのである。「おそらくおいしくなるはず」と想像して、お茶をかけたのだが、その読みは間違いではなかったようだ。

もしかしたら、お茶だけでなく出汁やコンソメスープも合うかもしれない。また、カップ焼きそばの麺のゆで汁も良いだろう。記者は濃い目のお茶を使ってみたが、少し薄めのものをかけると、バランスが良いようだ。言うまでもないことだが、そのまま食べても大変おいしい。食欲がないなと感じる方は、一度食べてみることをおすすめする。

レポート:フードクイーン・佐藤
Photo:Rocketnews24


画像をもっと見る