『PSYCHO-PASS サイコパス』キャラ原案を天野明、主人公の声を関智一が担当

写真拡大

『ぷちぷちラビィ』(2000年)、『家庭教師ヒットマンREBORN!』(2004年)などを手掛けた漫画家・天野明が、フジテレビ「ノイタミナ」ほかにて10月から放送予定の新作アニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』のキャラクター原案を務めることがわかった。

同作は、未来世界の公安局を舞台に描かれる警察機構の物語。

アニメがはじまる1年以上前、深夜アニメ放送枠「ノイタミナ」のプロデューサーからオファーを受けた天野はデザインを快諾。

その当時を天野は「決め手はいくつかありますが、自分のキャラデザを欲していただいたのが素直にうれしかったです」と振り返っている。

デザイン上、意識した部分については「作っていく過程で黒髪でスーツという方向性に決まっていったのですが、 服装で個性を出す事が制限された中で、うまくキャラごとの個性が出せるのか緊張しながらやらせていただきました」と語る天野。

主人公・狡噛慎也は最初にデザインが決まったキャラクターで、当初は凶暴なデザインを検討したものの、最終的には寡黙で優しい部分を足した。

その狡噛慎也を演じるのが関智一。

関は「どの様な作品になるのか、ハッキリとは解らない状態です。

ただ、頂いた資料からは、全く新しい形の刑事モノになるであろう事は容易に想像され、演者として期待に胸が高鳴ります」と現在の心境を語りつつ、「謎多き『PSYCHO-PASS サイコパス』世界ですが、出演者としても、一視聴者としても、楽しみながらひも解いていきたい」と意気込んでいた。

(C)サイコパス製作委員会