高速トリビア (10) 渋滞の知られざる原因、「サグ部」とは?

写真拡大

渋滞の知られざる原因、「サグ部」とはいったい何なのでしょうか?渋滞の原因には以下のような事例があげられます。

事故や工事などによる、走行可能な車線数の減少交通の集中高速道路では、交通の集中により、合流部・追越車線・サグ部といったところが、渋滞の起こりやすい箇所であることが分かっています。

合流部での渋滞は、流入車がランプから本線に合流することにより、走行車線の後続車が速度を落とすため、走行車線の流れが停滞。

その結果追越車線へ車線変更する車が発生し、追越車線の後続車が速度を落として流れが停滞して渋滞が発生します。

追越車線で発生する渋滞メカニズムもこれに似ています。

走行車線をゆっくり走る車を避けて後続車が追越車線へ車線変更して車両が集中し、車間が詰まった車群が形成されます。

追越車線の車群では何かの拍子に1台がブレーキを掛けると、すぐに後続車に伝播して次々とブレーキを踏み、流れが停滞します。

走行車線でも、後続車が次々に速度を落とすため、流れが停滞し渋滞が発生します。

では、あまり耳慣れない”サグ部”で発生する渋滞とはどのようなものなのでしょうか。

下り坂から上り坂にさしかかるV型の形状をサグ部といいます。

交通集中で発生する渋滞のうち、サグ部での渋滞がNEXCO東日本の渋滞の約70%を占めています。

サグ部で発生する渋滞のメカニズムは以下の通りです。

サグ部になったことに気が付かず、車両の速度が低下します。

後続車は、前の車両との車間距離を確保するため、ブレーキをかけ、速度が低下します。

後続車が次々とブレーキをかけ、車両速度が低下する車両が連続します。

渋滞が後方に伸びます。

サグで発生する渋滞の原因は、無意識に速度を低下させてしまうことです。

こうした渋滞は、気付かないうちに速度が回復して渋滞を抜けていることがあります。

そこで、LED表示板により渋滞の先頭位置をドライバーに知らせています。

速度回復表示板を設置し、渋滞緩和対策を実施しています。

実施の目的は以下の2つです。

渋滞のきっかけとなる、速度低下を抑制するため渋滞が発生してしまった場合、通過する車の速度を回復させることで、より早く渋滞が解消するようにするためLED表示板に「速度回復願います」と表示されている時が渋滞緩和のチャンスです!サグ部・合流部、追越車線の渋滞メカニズム、渋滞対策など、渋滞に関する情報を、ドラとらでも確認できます。

動画でも案内しているのでチェックしてください。