向後の7日株!:取り組み妙味増!新日鉄系の好業績・割安株(535X)
7日以内に株価が沸騰しそうな株を毎日1銘柄ズバリ! 業績サプライズ系、株価出遅れ系、さらに思惑系も…さあ、チェック!!

黒崎播磨(5352)が今日の注目銘柄!

7日に13年3月期第2四半期連結業績の上方修正を発表後、株価が急騰し、その後も高値圏で推移し、且つ、信用取り組み妙味のある同社に注目します。

同社株は、8月6日と7日に年初来安値148円を付けるなど売り込まれていました。しかし、7日17時に13年3月期第2四半期連結業績の上方修正を発表したことで、買いが殺到。翌8日に188円で寄った後、14日には254円まで買われました。その後、調整局面に入っています。

ところで、8月7日に42.71倍だった貸借倍率は、現在1倍台まで低下しており、日証金ベースの需給は良好です。一方、信用残は、買い残388.5万株、売り残307.1万株、信用倍率は1.27倍と、拮抗しています。株価が高値圏で堅調なため、「買い方有利・売り方不利」の信用需給状況とみています。

なお、第2四半期連結業績については、売上高は515億1000万円(前回予想比0.2%減)に下方修正しましたが、営業利益は19億7000万円(同91.3%増)、経常利益は18億円(同76.5%増)、四半期純利益は9億6000万円(同104.3%増)に上方修正しました。コストダウンが伸展していること及びファーネス事業の工事案件の利益率が改善していることから、会社側は上方修正しました。なお、通期の連結業績予想については、先行きの不透明感が増していることから、現時点では変更していません。

チャート的には、株価は200日移動平均線(24日、228円)や、52週移動平均線(同、238円)の攻防中です。今後、両線(特に、52週移動平均線)を明確に上抜けてくれば、売り方の買戻しを起爆剤に、中期上昇トレンドが発生し、株価の上値余地が拡大する公算が大きいと考えています。

向後はるみ(HARUMI KOUGO )
黒岩アセットマネジメント

金融・経済を日々研究し、タイムリーな銘柄情報に定評がある。投信、先物、FXなど金融商品の仕組みにも詳しい。テクニカルアナリスト、ファイナンシャルプランナー。